しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
落葉帰根のココロ
 第64回ヴェネチア国際映画祭で、李安(アン・リー)監督の『色,戒』が金獅子賞を受賞20
 一昨年の『ブロークバック・マウンテン』に続き、二度目の快挙です。 
 
 
 
 公式サイト: La Biennale di Venezia
 
 ブライアン・デ・パルマ監督や、ブラット・ピッド主演作品を抑えての受賞に、「非常神奇・・・」と謙遜して答えた監督は、「湯唯(タン・ウェイ)梁朝偉(トニー・レオン)。出演者のおかげだよ。」とコメントしていたんだトカ。
 トニーの演技の218ぶりは周知の通りですが、本作のお相手:王佳芝役にはオーディションが開催され、約一万人の候補者の中から選ばれた新星・湯唯が大抜擢237 さらにアジア音楽界で大活躍中の王力宏(ワン・リーホン)を加えたちょっと異例のキャスティングだっただけに、受賞の喜びもひとしおだったことでしょう。 ブラボーブラボー!同じじ亜細亜人として、アン・リー監督に心からの祝福をおくります。424
 

 映画『色,戒』張愛玲(アイリーン・チャン)の原作を元に、アン・リー監督が改作した作品。
 
 舞台は1940年代 日本占領下の上海。
 当時の日本の傀儡国家である南京国民政府の大臣 易先生(トニー)と、彼の暗殺を企てる抗日運動家の若き青年 鄺裕民(リーホン)、身分を隠し、同志から大臣の元へ送りこまれる女スパイ 王佳芝(タン・ウェイ)。 3人の男女による危うい感情の駆け引きを描いたものだそう。
 
 上海・香港・マレーシアに古き上海の街並みを再現した巨大セットが組まれるなど、製作費も40億円の超・大作。
 日本でも、来春の公開が予定されているそうで、待ち遠しいばかりです♪
 
   
 
  今度は売国奴役。 軍人・トニーが見ものデス。           故国を憂い、立ち上がる若者たち!
 
 『色,戒』=”Lust Caution”
 中国語で、「色(Lust)」は仏教用語の”欲情”を意味し、「戒(Caution)」は”戒め”を意味する。つまり”欲を改めなさい”という意味ですネ。
 しかし著者 張愛玲によると、この言葉にはもうひとつ意味が隠されているそうで。219
 「色」。 ”欲”とは人間が生きて行く上で不可欠な感情のひとつ。 なので”人生”そのものとも言え、また「戒」には”誓い”の意もあり、映画に登場する指(指輪)にもこの語が使われていることからもわかる通り、何か重要なキーワードとなっていることは確かです。
 さらになぜこの二つを「,」で区切っているのか??? キニナッテマシタ。
 なんでも区切ることにより、2つの語は先に述べた一つの意を成す言葉であると同時に、それぞれが単独で意味を成すことを狙ってのタイトリングだったそうで、 ”人生を賭けた、正義と欲望の戦い”でもあるということも暗示しているらしい。 なんだか深いタイトルなのだそうですヨ。
 
 

 すでに公開されているこのシーン。 コレだけで「色,戒」のテンションの高さがうかがえるようです。
 
 ”色”というだけあって、過激なベッド・シーンが公開時に取り沙汰されているようですが、アン・リー監督は「主演二人の愛憎を描くには必要なシーン。小説では数行で済むが、映像となるとそういうわけにもいかない。」
 あくまで二人の「色,戒」を観客に理解してもらうことを一番に考え、結局はカットに至らなかった。と主張しているようです。
 騒げば騒ぐほど、”色”目が濃くなる気がするのは私だけ? お話の流れとして必要なら、そしてキレイに撮れているなら問題ないと思うのですが、イロイロモンダイがあるのでしょうね・・・ 393
 日本公開はオリジナルのまま上映されることを期待してます。
 (ネタバレまくりの聯合報新浪娯楽
 
 かつての出演作とは比べものにならないほどの大作に出演した王力宏(ワン・リーホン)が、撮影後、激動の時代を経た鄺裕民そのままの心情で書き上げたという曲が「落葉帰根」新アルバム「改変自己」に入ってマス♪
 ― 樹高千丈 落葉帰根 ― (千丈もの樹木でも、木の葉はその根もとに落ちる。)
 “落葉帰根”とは、本質を忘れず故郷を懐かしみ、古いものを大切にする気持ちを表す言葉だそう。
 動乱の時代に故国・中国を憂い戦った人々のこと。
 ハリウッドでの成功を収め、再びアジアへ帰ってきたアン・リー。
 そして『色,戒』の出演を経て、さらに華人としてのアイデンティティに目覚めたリーホン自身のココロ。
 今、あらためてこの曲を聴くと、いろいろな想いが伝わってくるような気がします。
 主題歌は歌神さま・張学友が歌われているようですが、「落葉帰根」も劇中で聴いてみたい。そんなステキなやさしい曲。
 『色,戒』をご覧になられる際には、合わせて聴いてみてくださいネー。222
 

スポンサーサイト
【2007/09/09 19:29】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<よりどりみどりのシンデレラ | ホーム | 王子さまの胸のうち>>
コメント
金獅子2度目の快挙はすごいですよね~ たしかにこの映画の評価はまっぷたつに分かれているみたいですが、わたしはとっても見たいです!
力宏は、抗日運動家の役なんですかっ?意外っ。映画では、当時の歴史状況からも、日本は叩かれちゃってるのかしら・・・(汗) 
タン・ウェイの体をはった演技も興味ありますね。それから、トニーさま。やはり今回もラストの目の表情演技がすばらしかったと・・・ベネチアで見た人の感想レポをよみました。
力宏の「落葉~」 わたしも憂いを感じる、良い曲だな~と思います。ただ、この曲の詩・作曲は、kwang Y.Mさんとなってて、力宏じゃないんだーとおもったんですが・・・・小桃さん、わかります?
今週、公開のペルナトーレ監督のサスペンス「題名のない子守歌」もとっても気になっていまーす!
【2007/09/10 01:45】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
アン・リー本当にすごいですーv-237
カンヌに間にあってればこっちも獲れてたカモ。
評価まっぷたつ。
ププ。そういうのダイスキですよ。それならなおさら観ておかなくっちゃーv-220
アン・リーの”間”のとり方が結構すきですね。
台湾映画は”間”が特徴な気がします。セリフのないシーンにこそ人物の心情みたいなものがにじみ出てくる。というか・・・ちょっと欧州映画っぽいですね。
こういう手法、トニーのお得意技なのではないでしょうか?また目で語ってはりそうv-238 楽しみですー♪
そうそう。
ご指摘いただいた「落葉帰根」の作り手:kwang Y.M。
調べました!そして驚きました!!
それってもしかして、『色,戒』中での力宏の役名・鄺裕民(Kuang Yu Min)では?
それだけでもすでに力宏さんの映画に対する想いの深さが伺えますネ。v-218

『題名のない子守歌』も予告編見ましたよー!
こちらも良さそう。暑さも一段落したので、芸術の秋に向け、いろいろ吸収しに出かけなくては!v-392
【2007/09/10 16:12】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
さすがの小桃さまっ!
すごい、すごーい。わたしも超すっきり(笑)
なるほどっ。役名なんですねっ。合点合点ですよ。たしかに、この主題歌は力宏がつくったと聞いてたし、なんでだ?とおもってたんです。MVもまだみていないのですが・・・・力宏監督MV初作品、小桃さんはすでに鑑賞済み?
TU○Eで検索してみようかな~
色・戒公開後、是非是非、かたりあいましょーーーー
【2007/09/11 00:52】 URL | やよい #N8VQXzoo[ 編集]
☆やよいさん
合点合点。スッキリーv-439
それは私も同じです!
他の曲も力宏作で、どこ見ても力宏が手がけた。とあるから、Kwang Y.Mサンって何者ゾ???と調べに調べましたが見つからず・・・。歌詞に答えがあるのやも。と探してみたら、”鄺裕民”・・・オヤ。コレ見たことある名だなー・・・で。ひらめいたv-21というワケなのです。
一休さんのように悩みましたよー。(笑)
でもおかげで、この曲がより好きになりました。力宏もカッコいいことやってくれますわ。v-218
杰倫もそうすればヨカッタのに・・・ってもう遅いケドv-393
「落葉帰根」のMVは見ましたよ♪
バイオリン弾いてて、ちょっとクラシカルな感じでステキです。やよいさんもぜひご覧くださいませーv-222
【2007/09/11 10:04】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/96-dbc2239d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。