しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オッサンになる瞬間(とき)
  到来☆ のわりに279続きですが…
 大阪の夏。 歌舞伎の夏。
 ということで、七月大歌舞伎に行ってきましたー。
 江戸・京都の歌舞伎俳優が夏は大阪・松竹座で華麗に競演。 水の都・大阪へ入る際に行われる恒例行事船乗り込みも終え、とんぼりあたりは賑わってます。
 私の行った日はたまたま祇園の舞妓さんたちの観劇日で、とってもラッキー♪ 舞台のみならず、観客席も華やかな空間が広がっていて、江戸の芝居小屋へタイムスリップしたようでした。410
 
 松竹座新築より十周年を迎える記念の公演とあってか、今年の演目はどれもこれも捨てがたいものばかり。
 でもでも私の目玉演目は、歌舞伎十八番の内『鳴神(なるかみ)
 
 朝廷に恨みを持つ鳴神上人が起こした日照りを、雲の絶間姫が色仕掛けで解決してしまうというおハナシ。 ハメられる鳴神上人を海老蔵が演じるとあっては、見ないわけにはいきますまいて。
 この演目 『雷神(なるかみ)不動北山桜』の三部作のひとつで、実はすでに2回も観に行ってる『毛抜』(レポレポはコチラ)とセットを成す作品なのです。
 今年のお正月に海老蔵・弾正の『毛抜』を堪能してきたばかり。 今度は海老蔵・鳴神を観れるなんて、とっても贅沢ですわいな~♪
 
 お話は、約束を違えた朝廷に怒った鳴神上人が、雨を降らせる龍神を山奥の滝壺に封じこめてしまったため、人々が日照りにあえいでいるくだりから始まります。
 朝廷は、上人を堕落させて法力を破り再び雨を降らせようと、宮中でも美人と評判の雲の絶間姫を差し向けます。 今回は孝太郎が演じてはりました。
 
 上人や弟子たちの前で、亡き夫との恋話を艶っぽく話す雲の絶間姫。 想い出話の中で着物の裾をチラッとまくってみたり♪ ぐいぐい皆を話へ引き込んでゆきます。 聞き入っていた鳴神上人は、挙句 すってんころりん。 壇上から転落!そして気絶ー?!12
 そうなってしまっては、もはやこっちのもの。
 口移しで気付けの水を飲ませてみたり、出家したいの。トカ言ってみて、弟子たちが用意に出掛けているうちに、
 「おなかがイタイ・・・」
 と癪を起こしたフリ。 上人にさすらすドサクサにまぎれて、乳房にタッチさせてみたりー!!!
 生まれてはじめて女性の肌に触れた鳴神上人。 なんぢゃコレ・・・? 優作ばりにきょととんとなってるところへすかさず姫が
 「あれ・・・それはチチぢゃわいなぁー238」と一言。
 ハイ。 この瞬間、ただのオッサンになってしまいました、鳴神上人。 (爆)
 どんどんどんどん壊れはじめ、最後はこれまたはじめて体験・お酒まで飲まされて法力はどこへやら??? 上人が酔いつぶれている隙に、雲の絶間姫は龍神を閉じ込めた結界を破ろうと奮戦するのです。
 
 チラ魅せ+Kiss+タッチ。
 姫の手練手管であっさり堕ちてしまった鳴神上人。 酔いから醒めたその時に、いったいどうなってしまうのでしょう~???
 龍神が解き放たれるや否や、鳴り響く雷・雨。 それにも負けぬ鳴神の怒りよう。 やんややんやの大騒ぎで幕となる楽しいこの舞台。 『毛抜』とともに、オススメの一作ですヨ。
 
 昼の部は、愛之助が弁慶を演じる『橋弁慶』。 平 知盛が壮絶な最期を遂げる大物浦の場の仁左衛門サンがすばらしい424 名作『義経千本桜』の二段目も演目として盛り込まれ、本当に豪華なラインナップとなっております。 夜はしんぢうに、殺人・・・ ちょっとドロドロめの演目構成となんですワ。フフ
 
  
 
 26日が千穐楽なので、まだまだチャンスはありますよー。 よろしければご覧になってくださいませ。222
 
 松竹歌舞伎サイト:七月大歌舞伎
 
スポンサーサイト
【2007/07/11 21:23】 | カンゲキ | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<いざ ヴァネス的王國へ! | ホーム | イタキス祭@香港>>
コメント
ひさしぶりの歌舞伎ネタ&仁左衛門さんのお名前に注目したら
えーっ、海老蔵さんケガで休演ですか?
つい先日テレビでお姿を拝見したばかりというのに・・・
ファンの方はガッカリでしょうね。。
小桃さんのおすすめ、心惹かれる演目も今年はちょっと難しそう。。(汗)

ヴァネコンいかがでしたか?
ニッキーゲストの知らせを受け興奮してます!
明日も楽しんできてくださいねー
【2007/07/13 23:53】 URL | 時計草 #rydD/zlY[ 編集]
わたしも海老蔵さんの休演にびっくり。気の毒だな・・・最近、女性関係ばかりマスコミからつっこまれてるし・・・・・
仁座衛門さまのかもす雰囲気って、素敵ですよね。うちの亡くなった祖母は、若かりし仁座衛門が大好きでした(かれこれ、30年近く前・・・・・)
この演目、とっても面白そうなだけに、ほんとに残念ですね。
東京歌舞伎座で今年もやっている、蜷川演出の12夜、こちらもきになります~

おっとヴァネコン。去年を思い出します~
時計草さんからニッキーゲストときいて、今年は金曲とった貫禄をみせてくれるんでしょうかね。また、ぷよぷよ発言したか・・・レポ楽しみにしています。
【2007/07/14 00:33】 URL | やよい #-[ 編集]
ただいま。帰ってまいりましたーv-355
台風メ、やたらでっかいのが来たせいで、びしょびしょ!
ヴァネス関係でv-279なことって珍しいので、もしや今年新ゲストで来られた方が雨男なのでは?と勘ぐってます。
嵐にもめげず、なんとか楽しんできましたよーv-364
レポレポUPしておきましたので、よろしければ見てってくださいませ。

☆時計草さん
海老蔵事件、知らずに出発したので、ホントにビックリ!
まだまだ後半戦が残っていたのに、休演なんて残念です。
時計草さんも惹かれている「鳴神」は、愛之助が代役を務められるみたいですよ。それはそれで観てみたいカモ♪
思えば、劇中でもオンナに見とれて、すってんころりん。気絶しちゃうシーンを演じてらっしゃいましたが、よもやホントに転んぢゃうとは。。。
もしやオンナたちの念?! コワイコワイ。。。

☆やよいさん
海老蔵はいつも自信満々で堂々としてる節があるけど、今回の休演は上方芝居初チャレンジ演目も含まれているので、さすがにへこんぢゃったのでは?などとシンパイしています。
『女殺油地獄』は、監修・仁左衛門さんが自ら代役を務められるそうです。
海老蔵には、またいつの日か再トライしていただきたい作品ではありますが、代役とはいえ、ステキなキャスティングかもしれません♪
蜷川の『十二夜』、気になってたのですが、こっちでもやるかな。と思い、今回の上京時にはチケット取ってませんでした。
そしたら台風ですわー!!!v-406
どうせ閉じ込められちゃうなら、お芝居観てもよかったやん・・・。
結局、マルチェロ・マストロヤンニのドキュメンタリなど見て、嵐をやり過ごしました。
やよいさんは『十二夜』観られるんでしょうか?
菊之助がステキそうですよねーv-343
【2007/07/17 02:33】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
こんにちは~こないだはどうも!

さっそくですが「十ニ夜」は一度見てまた来週見る予定です。歌舞伎チャンネルで見て、ぜひ生で見たい!と思っていた作品で、良かったことは良かったんですが、2年前上演された時、私が゛一番好きな尾上松緑が出ていて、今回出てないってのがやっぱりロンリー…2年前は私はテレビで『悲しき恋歌』見ながら「こんなことあるかーーーっ」とつっこみ入れてました。あの時、歌舞伎を見に行ってれば~!

ちなみに仁左衛門のファンでもあります…あー、松竹座に行きたい。しかしもう休みが取れない。あー。という毎日です。
【2007/07/22 08:05】 URL | たなやん #X6yHS9aE[ 編集]
☆たなやんさん
こちらこそどうも♪
あんなに待ったのに、あのひとに逢えずじまいでしたね。v-406 雨の中、おつかれさまでした。
コメントありがとうございます。 しかも歌舞伎コメント?!(爆) みなさまホントに幅広くオトコマエがお好きなんですねぇv-238
「十二夜」はゼッタイ関西公演もあるはず!とあわい期待から今回はスルーしちゃいました。
たなやんさんが2回も観るっておっしゃるからには、良い舞台なんでしょうねー♪楽しみです。
尾上松緑さん。フフ いい感じですね。
歌舞伎界も若手がぐんぐん盛り立てて、最近賑わいを見せているようで楽しいです。
今公演のインタビューでも、仁左衛門さんが「役の実年齢と役者の歳がかけ離れすぎていると、観ているお客さんもちょっとね・・・」と思われているようで、今回は監修にまわり、若いひとに席を譲った。
・・・にもかかわらず、あのお方は・・・はぁぁv-404
仁左衛門さんも代打を務められるようなので、個人的にはそれは観たいカモ。と思ってますけど。
【2007/07/23 11:23】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/56-03a81d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。