しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
重ため、カンヌ
 ジョニー・トーの『復仇』も、
 昨年のパルムドール作品 『パリ20区、僕らのクラス』
 まだまだこれからだというのに、はや今年もカンヌ映画祭の季節です。
 
 2010年 5月12日~5月23日の12日間 カンヌが映画色一色に染・ま・る
      

 気づけば明日 開幕ですので、
 気になるCompétition作品を追っかけ見てまいりましょー

 まずは明るめ作品から♪
 
 
『TOURNÉE』 par Mathieu AMALRIC (仏)
 マチュー・アマルリックといえば、『そして僕は恋をする』
 最近では、 『潜水服は蝶の夢を見る』でも高い評価を受けた、フランスを代表する俳優さん。監督するのは初?!なのかな?
 タイトルは、ツアー。 その名の通り、旅の一座の物語です。
 コミカルもシリアスも巧い俳優だけに、どんな映画を仕上げてくださったのか楽しみですね♪

 
 『COPIE CONFORME (公認証書)』 par Abbas KIAROSTAMI (仏・伊・イラン)
 巨匠 アッバス・キアロスタミ監督の最新作の舞台は、イタリア!トスカーナ!!
 おまけに主演がジュリエット・ビノシュときたら、どんな作品か気になりまする。
 
 ビノシュは日本の周防作品にも出演したり、チャレンジ精神にあふれるスゴイ女優さん。 キアロスタミ作品はゆるゆる流れるようなストーリー展開が多いので、その中で彼女がどんな演技を魅せてくださるのか楽しみな作品です。

 
 『ANOTHER YEAR』 par Mike LEIGH (英)
 '96年にパルムドール。 '04年には金獅子賞の受賞者だったりするマイク・リー
 『ヴェラ・ドレイク』はちょっと気になってた作品でした。

 
 『LA PRINCESSE DE MONTPENSIER (モンパンシエ公爵夫人)』
 par Bertrand TAVERNIER (仏・独)  
 ハイ。キました。 個人的には超・注目作品です~
 
 時は宗教戦争真っ只中のおフランス。
 モンパンシエ公爵夫人をめぐる、ギーズ公と男前で有名なアンジュー公の恋愛モヨウ。
 もちろん”公爵夫人”ということで、不倫ストーリーだったりします。
 
 監督は、『田舎の日曜日』 『レセ・パセ』、歴史ものでは『ソフィー・マルソーの三銃士』も撮り上げてる
 ベルトラン・タヴェルニエ
 モンパンシエ公爵夫人に、メラニー・ティエリー
 そして色男 ギーズ公を、『かげろう』『ハンニバル・ライジング』ギャスパー・ウリエルが演じます~
 もはやパルムドールどころではなく(笑)、日本公開が待ち遠しい映画ですわ

 
 『LA NOSTRA VITA (我々の人生)』 par Daniele LUCHETTI (伊・仏)
  
 と。
 これだけなんです! 明るめは・・・
 
 以降、問題作がてんこもり。
 
 『FAIR GAME (フェア・ゲーム)』 par Doug LIMAN (米)
 なぜイラク戦争が勃発したのか?
 ブッシュ政権下始まった戦争の問題を真っ向から描いた作品・・・って、
 タブーぢゃないですか?ダイジョウブですか??とドキドキするような映画です。
 主演は、ナオミ・ワッツ&ショーン・ペン
 豪華な顔ぶれを、驚嘆のダグ・リーマン調で仕上げたら、この問題がどう描き出されるのか?
 興味深々な作品ですね。

 
 『HORS LA LOI (アウトロー)』
 par Rachid BOUCHAREB (仏・アルジェリア・ベルギー・チュニジア・伊)  
 
 『UN HOMME QUI CRIE (叫ぶ男)』 par Mahamat-Saleh (仏・ベルギー・チャド)

 『DES HOMMES ET DES DIEUX (神と人間)』 par Xavier BEAUVOIS  (仏)
 宗教を通して、争いごとが起こる・・・
 日々くり返される問題を、えぐり出したフランス発の問題作。

 
 『UTOMLYONNYE SOLNTSEM 2(太陽に灼かれてⅡ)』
 par Nikita MIKHALKOV (露) 
 1930年代 大粛清時代のソ連を描いた作品の続編
 
 イラクにアルジェ、内戦+宗教問題。
 とどめにスターリンまで登場し、今年はなんだか重ため、カンヌ  
 
 ドラマ仕立てのこの方々も、なんだか暗めトーンです。。
 
 『IÑÁRRITU BIUTIFUL』 par Alejandro GONZÁLEZ (米) 
 
 『SCHASTYE MOE(私の幸せ)』
 par Sergei LOZNITSA (独・ウクライナ・オランダ)
 
 『SZELÍD TEREMTÉS(優しい息子)』
 par Kornél MUNDRUCZÓ (ハンガリー・独・オーストリア)
 
 そんな中、アジアチームもがんばってますよー。
 
 『OUTRAGE (アウトレイジ)』 par 北野武 (日本)
 出演 : ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和、杉本哲太、
     塚本高史、石橋蓮司、小日向文世、北村総一朗
 北野作品 バイオレンスVer.映画
 フランスで大人気の監督だけに、今回は獲りにいっていただきたいです。本当に

  

 『POETRY (詩)』 par イ・チャンドン (韓国)   『オアシス』『シークレット・サンシャイン』で、海外でも高い評価を受けている韓国人監督さん。
 『シークレット・・・』を観たことがありますが、すき。でした。
 新作も見逃せません!


 
 『THE HOUSEMAID (下女)』 par イム・サンス (韓国) 
 もしもメイドさんを雇うなら、年増のデブのおばさんが一番!
 と、はげしく思える作品のようです。笑

 
 
『RIZHAO CHONGQING (重慶ブルース)』 par 王小帥(ワン・シャオシュアイ) (中国)
 父親がたどる、もう戻らない息子探しの旅@重慶

 
 
 
 『LUNG BOONMEE RALUEK CHAT (前世を思い出せるブンミーおじさん)』
 par Apichatpong WEERASETHAKUL (スペイン・タイ・独・英・仏)
 
 韓国映画が2作品もノミネートされているのが、スバラシイ
 スタイリッシュな韓国作品が、どんな判定を受けるのか楽しみです。
 
 監督はともかく、女優&俳優陣に華が咲かないような気がした今年のカンヌ映画祭・・・
 そんな重ためカンヌを裁くのは、鬼才 ティム・バートン審査委員長だったりして。ププ
 今年のパルムドールの行方、楽しみに待ってましょう。
 
 Compétition作品は重ためテーマも重なって、なんだか地味な印象ですが、
 オープニングはどどどどん
 リドリー・スコット監督の
 『Robin des bois (ロビン・フッド)』
で、きらびやかに幕を開けるモヨウ。
 ついでにいうと クロージングは、ジュリー・ベルトゥチェリ監督の『L'Arbre (木)』
 昨年 最優秀主演女優賞に輝いた、シャルロット・ゲンズブール主演作が流されるみたいですヨ
 
 さらに新人監督の登竜門といわれている、
 UN CERTAIN REGARD(ある視点)部門のノミネート作品も見逃せない状況です。
 101歳?!のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が
 『O ESTRANHO CASO DE ANGÉLICA(L'Etrange Affaire Angélica)』を出品
 あのゴダールまでもが出陣!
 
 HDビデオで撮り上げた 『FILM SOCIALISME』で、挑戦 してきてますー
 二人の映画に対するアツイアツイ想いに、どんな評価が下されるのか、こちらも大注目ですね。
 UN CERTAIN REGARD(ある視点)部門には、日本から中田秀夫監督の『CHATROOM(チャットルーム)』も出品されています。  Compétitionと併せて、こちらの受賞の行方も見逃せませぬー。
 
 日本語閲覧が可能になった、公式サイトはコチラ Festival de Cannes 2010
 
 遠くから映画祭を楽しむと共に、今年の映画計画の参考にしちゃいましょ♪
スポンサーサイト
【2010/05/11 23:51】 | フランスいろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<10枚目のJay | ホーム | ハハおもい ファンおもい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/516-e4a3f549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。