しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
みんな空っぽ
 生命は
 自分自身で完結できないように
 つくられているらしい
 
 世界は多分
 他者の総和
 しかし
 互いに
 欠如を満たすなどとは
 知りもせず
 知らされもせず
 ばらまかれている者同士
 無関心でいられる間柄
 ときに
 うとましく思えることさも許されている間柄
 そのように
 世界がゆるやかに構成されているのは
 なぜ?
 
 
 劇中 語りかけるように詠われる、吉野 弘の作品に代表されるように、
 まるで一篇の詩のような是枝監督の最新作 『空気人形』 見てきました。
 古びたアパートで、冴えない男(板尾創路)と暮らしている空気人形ペ・ドゥナ)。
 

 ただの性欲処理のお人形でしかなかった空気人形が、
 ある朝、持ってはいけない”心”を持ってしまう。
 人形であることの不自由さから脱走を試みる空気人形。
 まるで赤ちゃんが起き上がるのと同じなように音や光に魅かれ、子供のような好奇心で外へ。
 歩いて迷った先で見つけたピカピカ明るいレンタルビデオ店で、純一ARATA)と出会う。
 はじめての恋をする238
 
 

 心を持ったので、恋をしました。
 心を持ったので、嘘をつきました。
 心を持つことは、切ないことでした―
 
 ただそこに”存在”しているだけだったお人形が、心を持ち、恋をし、好きなひとの息をもらうことではじめて”生きる”ことができた。
 空気人形のたどる旅路は。 恋の行方は。
 けしてかわいくラブリーなファンタジーでは終わらない物語が、くるくる変わる表情が魅力的な空気人形 ペ・ドゥナの熱演でつむがれます439
 
 劇中、空気人形が「わたし、空っぽなの。」というセリフがあって、
 その問いに、純一が「僕も同じさ。」と答えるシーンが印象的でした。
 空気人形を主体に繰り広がるお話でありながら、本当に描きたいのはその周りの”空っぽ”な人々。
 うだつもあがらず、年下にいびられる日々を過ごすファミレス店員
 忘れられない女がいるレンタルビデオショップの男
 家族から見放され、孤独な毎日を送る中年男
 食べることでしか、空虚感を満たせない過食症のOL
 アラフォー受付嬢に、交番を訪れることしか他者と接点のない自首マニア。
 母の帰りをひたすら待っている父娘とか、メイドにモエてる浪人生
etc.etc...
 不安と孤独をかかえ、何かに逃避し、”空っぽ”な日々を過ごす人が次から次に登場してきます。
 なんともいえないこんな空虚感、現代を生きる私たちの心の中にもありませんか?
 
 私も あるとき
 誰かのための虻だったろう
 
 あなたも あるとき
 私のための風だったかもしれない
 
 冒頭の詩 吉野 弘の「生命は」はそうしめくくられる。
 誰かのために生きれたら、きっと世界はキラキラ変わるかも。
 映画のラストシーンに、一筋の希望を見た気がしました。 
 みなさまもぜひ観てみてください222
 
 
公式サイト: 『空気人形』
 
スポンサーサイト
【2009/10/19 01:53】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パッキング中 | ホーム | HIP HOP 尊>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/472-607900d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。