しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
流星のごとく
 
 Nouvelle Vagueの寵児 Jean-Claude BRIALY(ジャン・クロード・ブリアリ)が逝き、はや一月が過ぎゆきました。
 享年74歳。
 闘病生活を続けた果て、流星のごとく逝ってしまった彼。
 
 ブリアリの死を偲び、映画を見直していると、ブリアリがこの世からいなくなったなんてウソのようです。
 
 
 
 あなたの濃ゆいお顔がすきでした175
 
 
 
 ちょうどフランス語習いたての頃、GODARDがfeat.されてた時期だったこともあって、はじめての出会いは『女は女である』だったカト。
 
   
 
 ベルモンド迷の私には、真面目そうなブリアリが目に入らず、そのお顔の濃ゆさだけがしっかとメモリーされたに過ぎませんでした。 
 
 
 その後、'60年代の映画を右から左へザクザク漁るうち、クロード・シャブロル作品の彼に再会。
 
 『いとこ同志』のブッ飛んだ役柄を目の当たりにし、ほれる238
 
 
 奪うもの
 奪われるもの
 
 若者特有の無垢な残酷さを見事に描き出した傑作でした☆ 

 
 (AlloCiné より)
 
 
  
 その後も観る映画、目にするドラマでブリアリに出会う。。。
 これからもう新しい彼に出会うことはないんだな。って思うと淋しいです。 フランス映画を漁るように観た映画館も今はなく、時の移り変わりみたいなものをひしひし感じました。
 
 カトリーヌ・ドヌーヴアラン・ドロンアヌーク・エイメら俳優仲間のみならず、歌手のジュリエット・グレコシャルル・アズナブールジョルジュ・ムスタキら多くの友人に見送られ、サン・ルイ島で葬儀を終えたブリアリは、今 モンマルトル墓地で静かに眠っています。
 彼へのオマージュとして、BarbaraMa plus belle histoire d'amour, c'est vous (私の一番美しき愛の物語、それはあなた)も贈られたそう。
 この曲を聴くと、年代がワープしてゆくかのようにぐるんと時がめぐります。
 ブリアリのことも思い出すんだろうなぁ。。。 (Yahoo! FRANCE
 
スポンサーサイト
【2007/06/30 23:57】 | フランスいろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<10年を振り返る | ホーム | Tシャツに注目!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/47-dc2ee01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。