しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
おなじみメンバー大集合!

 カンヌな季節
 
 今年もこのシーズンが巡ってまいりました237
 
 353第62回 カンヌ国際映画祭353
  
 5月13日より、開幕ですー433
 
 2009年のラインナップは、カンヌではお馴染みの顔ぶればかり。
 今年は、コンペ部門にアジアティックが少ないのが残念ですが、めげずに追っかけみてゆきたいと思います355
 
 今年、華やかにオープニングを飾るのは・・・ディズニーPIXAR356
 Pete DOCTER による新作アニメ 『UP (カールじいさんの空飛ぶ家) で開幕360
 
 パルムドールの栄冠はどの作品に?
 気になるCompétition作品は155次のとおりです。
 
 『LOS ABRAZOS ROTOS(Broken Embraces) par Pedro ALMODÓVAR (スペイン)
 
 交通事故により視力を失った男が迷い込む愛の四角関係ストーリー176
 最愛の妻に前作に続いてペネロペ・クルスを起用。
 本国ではすでに公開されている話題作。 ペドロ・アルモドバル―今回も見逃せません。
 
 『Fish Tank』 par Andrea ARNOLD (英・オランダ)
 
 『UN PROPHÈTE』 par Jacques AUDIARD (仏)
 ジャック・オディアール監督の最新作。 タイトルは”預言者”
 『リード・マイ・リップス』のごとく、今回もワナがいっぱい?! ストーリー展開に期待です。

 
 『VINCERE』 par Marco BELLOCCHIO (伊・仏)
 
 『BRIGHT STAR 』 par Jane CAMPION (オーストラリア・英・仏) 
 イギリス詩人 ジョン・キーツの恋愛物語
 
 『Map of the Sounds of Tokyo』 par Isabel COIXET (スペイン)
 菊池さん主演で話題となっているようです。
 押尾さんも共演されているモヨウ。
 今回のコンペ作には残念ながら日本からの出品作がないので、期待したいですね。
 
 『A L’ORIGINE』 par Xavier GIANNOLI (仏)
 一人の詐欺師がハイウェイを造ってしまった・・・実話な物語。
 ドパルデューも出演されてます234
 
 『DAS WEISSE BAND (The White Ribbon) par Michael HANEKE (独・仏・オーストリア)
 イザベル・ユペールが年下のブノワ・マジメルにはまってゆく・・・
 『ピアニスト』のミヒャエル・ハネケ監督 最新作353
 第一次大戦下の北ドイツを舞台に、青年たちの心の動きを追う―
 人間の深層心理を描き出すのが巧みなミヒャエル・ハケネだけに、注目したい作品です。

  
 『Taking WOODSTOCK』 par 李安(アン・リー) (米)
 
 NYのインテリア・デザイナーが、両親のモーテルを経営難から救うため、歴史的Liveイベントの立役者となる―
 アジアから遠く離れ、アメリカからアン・リーが挑みます220
 
 『Looking for Eric』 par Ken LOACH (英・仏・伊・ベルギー)
  ケン・ローチ 
 このひとの作品が今一番見逃せない237
 捜されるエリックとは、”Eric CANTONA” 
 そして舞台はマンチェスター219
 とくれば・・・サッカーファンならピンとくるはず。
 そう。Manchester Unitedですー439
 エリックの助けを得て、もう一人のエリックの人生も花開いてゆく・・・
 過去のパルムドール作 『麦の穂をゆらす風』とは180°ちがったストーリー展開で勝負です。ワクワク
 
 『春風沉醉的晚上(Spring Fever) par 婁(ロウ・イエ) (中・仏)
 
 『ふたりの人魚』ロウ・イエ監督 最新作品。
 南京を舞台に繰り広げられる若者の三角関係を描き出します。
 
 『KINATAY』 par Brillante MENDOZA (フィリピン・仏)
 
 『Enter the Void』 par Gaspar NOE (仏)
 
 カンヌの常連 ギャスパー・ノエ監督の最新作は、東京に住む兄妹を描いたもの。
 兄はドラッグやって、妹はストリッパー・・・当然のように事件の渦に巻き込まれ~
 いつものように重たくのしかかるようなストーリー展開とお見受けします。230
 
 
 『BAK-JWI (Thirst) par パク・チャヌク (韓・米)
 ソン・ガンホ、吸血鬼と化してしまう・・・神父となります。
 『オールドボーイ』で総毛立ちましたけど、今度のお話も―楽しみです。237
 
 『Les Herbes Folles』 par Alain RESNAIS (仏・伊)
 ひったくり事件絡みのストーリー。
 まだまだがんばるアラン・レネ監督に拍手っ424
  
 『The Time That Remains』 par Elia SULEIMAN (イスラエル・仏・ベルギー・伊)
 
 『Inglourious Basterds』 par Quentin TARANTINO (米)
 ナチスに家族を殺された少女の復讐劇。
 おもたーーいテーマをタランティーノがどのように描ききったのか見ものです。
 対独レジスタンス活動に懸けるユダヤ系アメリカ兵として、ブラピが主演。
 張曼玉マギー・チャン)の名も挙がっているらしいけど、審査員の目を眩ませるタランティーノの大作戦なのかも♪
 いつになく自信満々で挑んでいるタランティーノ。 パルムドールはついに彼の手に?!
 
 『復仇(Vengeance) par 杜峰(ジョニー・トー) (香港・仏・米)
 
 元・殺し屋が香港マフィアに殺された娘の復讐に挑む217
 ジョニー・トーによくありそうなお話だけれど、今回の主演は仏おぢ ジョニー・アリディ221  
 ロックでげんなり。なのがカレのイメェヂですけれど、スーツでキメるとまだイケていた・・・178
 黄秋生アンソニー・ウォン)、任達華サイモン・ヤム)等 おなじみメンバーも織り交ぜて、香港で撮り上げた最新作。
 今回のカンヌで、個人的に一番観たい作品です♪
  
 『臉(Face) par 蔡明亮(ツァイ・ミンリャン) (仏・台湾・オランダ・ベルギー)  
 
 蔡明亮
がルーヴル美術館とコラボ・・・
 って、そういえばそんなハナシありました237
 おなじみの李康生リー・カンション)がルーヴルで映画「サロメ」を撮影する。というお話みたい。  
 とにかくキャスト陣がスゴイです355
 サロメにレティシア・カスタ
 王妃がファニー・アルダン
 この濃ゆ
い女優を相手取るのが、なんと・・・
 ジャン・ピエール・レオーという。411
 ヘロデ王+アントワーヌ(トリュフォー作品)―ジャンピエの役割も見ものですネ。
 
  
  
 『ANTICHRIST』 par Lars VON TRIER (デンマーク・スウェーデン・仏・伊)
 シャルロット・ゲンズブールが撮ってる。と言ってたラース・フォン・トリアー監督の最新作20
 キャストが二人で、こんなタイトル・・・ものすごく興味深々カモ♪
 
 
 Un Certain Regard部門にノミネされてる、アジア作品も要チェックー237 
 
 『MOTHER』 par BONG Joon Ho(ポン・ジュノ)
 
 『空気人形』 par 是枝裕和
 心を持ってしまった人形とレンタルビデオ店の店員のラブストーリー
 主演はカワイイ韓国女優 ペ・ドゥナです353

 155特別上映枠には、こんなのも入っていて・・・
 『L'EPINE DANS LE COEUR』 par Michel GONDRY
 ゴンドリー、今度は伯母さまを題材にっ405
 なんでも校長先生やったらしいです。 ゴンドリーのドキュメンタリ・・・
 どんな感じに仕上がるのか?ナゾ。
 
 トドメのシメは、気になるコチラ392
 『COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY』 par Jan KOUNEN
 伝記映画ブームがキてるフランス。
 今度はココ・シャネルを描きます。 シャネルの№5 誕生の秘話が見れるカモ。
 
 最後まで気が抜けません。。。
 
 地味だけど、いぶしぎん。
 カンヌ映画祭の常連監督が集ってしまった2009年 パルムドールの行方はいかに236
 審査委員長イザベル・ユペールはじめ、9人の審査員中5人が女優・・・という今年のカンヌ。
 舒淇スー・チー)嬢もそのうちの一人になっておりますが~229
 いったいぜんたいどんな結末になりますことやら。。。
 
 カンヌ映画祭は、24日まで開催360
 
 公式サイト:第62回 カンヌ国際映画祭
 
 日本からもこっそり楽しんでしまいましょう433
スポンサーサイト
【2009/05/11 23:48】 | フランスいろいろ | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<お役人になる | ホーム | おしりのふき方を考える>>
コメント
またまたカンヌの季節なんですねっ。なんて1年は早いのでしょう・・・・
ラインナップ、とっても興味深い作品ばかりです。パク・チャヌクも久しぶりですねぇ。ソン・ガンホ、大好きな俳優さんの一人なので、怪演ぶりが期待できます。
アルモドバル&ペネロベの黄金コンビも見たい~ 
アン・リーの新作、今回のテーマがとても気になるし、タランティーノのマギー出演は私も噂で聞いているので、興味津々。そして、ツァイ・ミンリャンのサロメって~ 
ああっ、これからは映画館では見られない私なので、ビデオ化を全て期待します~ 小桃さんのブログでも感想を拝見するの、楽しみにしていますね。
【2009/05/14 21:47】 URL | やよい #-[ 編集]
思わず前のめって読みふけってしまいました。
毎度詳細な記事、ありがとうございます。

どれもこれもみたいのばかりですね! うーん、まちどおしいっ★
やっぱり映画をみるには「時間持ち」でないと……あらためて窓際族としてはげむことをパソコンの前で誓っております。
【2009/05/15 23:18】 URL | きの子 #-[ 編集]
☆やよいさん
毎年行きたいカンヌですが、今年はなんとなく地味な気が・・・
やっぱり家衛が出ないと盛り上がらないワタシです。笑
でもでもいい作品が揃ってますよねーv-237
アリデイ in 香港なジョニー・トーの『復仇』とかも気になりまする♪
しかしこのラインナップをビデオ鑑賞・・・
やよいさん、御子の情操教育にとても影響するのでは~v-356
将来が楽しみです!

☆きの子さん
> 窓際族としてはげむことをパソコンの前で誓っております。
ほんまですわーv-390
どんだけ働いてるねん、我。という感じ。。。
また時間できたら、一緒に映画とか参りませうね♪
【2009/05/16 02:10】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/432-8d896f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。