しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
花形ピカピカ歌舞伎
 思い返せば5年前、一人で出かけた浅草歌舞伎265
 偶然 お友達と合流できて、やんややんやの大騒ぎして楽しくて439
 以来ずーっと歌舞伎のトリコとなってるワタシ。
 その浅草歌舞伎がついに大阪上陸です。433
 
 
              353二月花形歌舞伎353
 
 
   市川亀治郎中村獅童中村勘太郎中村七之助
   中村亀鶴市川男女蔵(おめってぃ)片岡愛之助(LOVEちゃん)
 
 ”年若で人気のあるはなやかなりし者”
 ピカピカの花形役者が、はじめて松竹座に揃い踏み237
 記念すべき巡業公演 ワクワクしながら見てきましたー。

 浅草歌舞伎は、初心者でも観やすくわかりやすい演目をかけてくるのがセオリー。
 大阪公演のラインナップも、どれもこれも魅力的で・・・
 迷ったあげく、幕見も兼ねて、ほぼ全部鑑賞してきてしまいましたよー237
 
 まずは「毛抜」びびびびび
 以前もblogに書いてたけれど、何回目?かわかんなくなってくるくらい大好きな歌舞伎十八番。
 5年を経て、エロさが10倍増した獅童の弾正を堪能178  
 舞う玉三郎さまに魅入ってしまった 「鷺娘」を、今回は七之助で観る。
 三人三様の心理描写が見ものの山小屋密室劇 「吹雪峠」も楽しみました♪
 
 そしてそしていよいよいよ―「実盛物語」の幕が上がるっ360
 時は平家全盛期。
 源氏を根絶やしにせよ。という清盛の残虐な命を受け、斉藤実盛勘太郎)&瀬尾十郎男女蔵)は身重で逃れた木曽義賢の奥方 葵御前の元を検分に訪れます。
 現在、平家方に仕えている実盛ですが、元をたどれば・・・源氏の家臣。
 瀬尾にバレないよう、源氏に有利な行動をし、葵御前は無事 男子を出産することができます。(この子がナントのちの木曽義仲219
 しかし瀬尾も何の因果か、本物の悪党ではなかったようで。。。
 物語は意外な展開をみせてゆく―
 入り組みすぎてて書けば書くほど???な作品なので、気になる方はぜひ一度歌舞伎で観てきてください。きっとその方がおもしろいです!229
 
 実盛は、”生締(なまじめ)と呼ばれる役柄。
 知勇共に優れた武将を現す髷の結い方をなさってて、勘太郎さんがこれまたピタリ!ハマってました。10
 かくゆうワタシ、中村勘三郎さん LOVE175 ナカムラヤLOVE178
 めちゃ大ファンなのですが、勘太郎が勘三郎と重なって見えてしまうような錯覚を覚えるほど、すばらしい実盛だったと思います。
 花形歌舞伎の醍醐味は、ピカピカの役者さんたちが大役を担って舞台に立たれるということ。 それで新しい発見や感動が見出せたりするから楽しいんですよねー。
 知らない間にぐぐっと成長されてた勘太郎さん。
 歌舞伎はお家芸だといいますが、やはり血は争えず。
 父 勘三郎の背中を見て育ったカレも、また父のようなすばらしい役者となり、いつか追い越していくのやもしれません。
 これからもカレの舞台、どんどん見に行きたいな。と思います。220
 
 盛り上がっちゃったラストは、花形全員揃いぶみの大舞台
 「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)
 大江山で鬼退治217 葛城山では土蜘蛛退治217217
 いろんな武勇伝を持った名将 源頼光の物語。 終始、土蜘蛛メインなのが楽しいです。
 今回、頼光勘太郎)にタタカイを挑んだのは千年生きてる蜘蛛の精亀治郎12
 病床の頼光を狙い、童→薬売り→番頭新造→座頭→傾城薄雲→蜘蛛の精と六変化441
 消えた!と思ったら、ドロンドロン。 また姿を変え品変えてくるくる登場しては糸投げて消えてゆく蜘蛛おそるべし356
 亀治郎さんの六変化力、とくと鑑賞させていただきましたー353
 最後のトドメに平井保昌LOVEちゃん)が加勢にやって来て、雲切丸で蜘蛛退治218
 最後の最後まで、蜘蛛の糸で頼光たちを翻弄する亀治郎さんの演技が光ります。
 亀治郎さんご自身が創り上げた作品だけあり、踊りもなんだかピカピカ元気っ354
 花形役者全員でやりあう様は、観ていてホントにわくわくしました。
 思いあまってラストはスタンディングオベーション424
 3F席から落っこちそうな勢いで、やんややんやと手を振ってたら、花形さんがおテフリくれた気がいたしましたyo176
 
 歌舞伎ってきゅん。としたり、ドキドキしたり、ハラハラしたり。
 それからこんなにワクワクする。 ステキな伝統芸能ですね。
 かしこまって鑑賞するのもよいけれど、思うに江戸の大昔、町娘たちはきゃぴきゃぴしながら芝居小屋でこんな花形ピカピカ役者にときめいてたんぢゃないかしら。
 百数十年の時を経て、今また我らも同じ舞台にドキドキとときめいてる。
 なんかそういう符合って楽しいなー433 なんて思いませんか?
 

   
 ときめきの二月花形歌舞伎
 大阪公演はまもなく終わってしまいます。
 
 歌舞伎の世界を未体験な方にも、ミーハー気分でワイワイ楽しめる作品ばかり。
 未見の方は劇場へ今すぐGO!
 
すべりこんで観てきてくださいませな29
 
 
 公式サイト:二月花形歌舞伎
 
 
 
 
スポンサーサイト
【2009/02/23 22:19】 | カンゲキ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<飛缶がほしい | ホーム | 眠ってはいけません>>
コメント
 おそーいコメントですみません。
2週間たってこちらのブログを読んだら、あの日の感動がよみがえったワー♪ 1等席で夜のほうをみなかったのザンネンと思っていたのですが、小桃さんとみられたので倍たのしめましたよ! 

 それからこちらも遅まきながら、おたんじょうびおめでとうございます(^^)
【2009/03/08 09:46】 URL | きの子 #-[ 編集]
☆きの子さん
一等のお席も気になりますけど、3F席だったからやりたい放題盛り上がれたのでは?とも思います。i-229
きの子さんが土蜘蛛ラストで、
「ヤッタァー!!!」v-433
と手を上げられ・・・
「なんか手から糸が出そうな気がした♪」
などとのたまってらっしゃったこと・・・爆笑でした。
いやはや楽しい舞台でしたな~v-238
またご一緒にカンゲキできる日を楽しみにしております。

そうそう。
またひとつ歳をかさねてしまいました。。。
もういくつになったか?自分でもわかんないですv-356
【2009/03/08 11:32】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/418-814f75d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。