しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
異邦人がみたTOKYO!

 
 
 そう聞くと、
 ニンジャにゲイシャ。 浅草、アキハバラ・・・ナドナドナド。
 
どこかまちがった妄想映画なんぢゃないの?403 と危惧しがちですが、まったくもってそうではなく。
 
 大都市 TOKYOを客観的に。 エトランジェの目からとらえたありのままを描いた。
 『TOKYO!』はそういう作品でした。
 
 
 
 
 
 カンヌのある視点部門でも、Feat.されてたコチラように、
 ミシェル・ゴンドリー X レオン・カラックス X ポン・ジュノ
 個性派 3監督のコラボぶりが、とても気になっていたオムニバス映画。
 ようやく見てきましたよー219
 「となりはなにをするひとぞ?」
 なんてこと、気にもしてない暮らしができちゃう大都会。
 こんなに狭い日本で、ぎゅうぎゅうになりくっついて暮らしているにも関わらず、他人とのキョリ感・疎外感をこの上なく感じてしまうところもそうそうない・・・はず。
 異邦人 3監督もそう感じ取ったのは同じようです。
 
 まずはファンタジスト ゴンドリーが描くTOKYO!
 「インテリア・デザイン」  
  
 映画監督を目指すアキラ(加瀬 亮)と一緒に東京へやってきたヒロコ(藤谷文子)。
 
 夢を叶えしっかり働く彼氏や友人の中で一人、ヒロコは自分の居場所をみつけられないでいた。  
 と。ある日、
 とんでもないカラダの異変に気づき・・・230
 
  
 結局、ヒロコはかなりシュールな自分の”居場所”を見つけることになるのですが・・・ププ。 それは見てのお楽しみ♪
 この作品の原作は、ゴンドリーのカノジョ ガブリエルの描いたコミックなんだトカ。
 こんな奇妙なおとぎ話(?)一緒に考えているカップルって、なんだかとっても幸せなんぢゃないかなぁ。なんて思っちゃいました176
 
 お次は、9年ぶりにお出ましの巨匠 カラックスが巻き起こすTOKYO!事件
 「メルド」
  カラックス作品 アレックス役でおなじみのドゥニ・ラヴァンがナゾの怪人となり、東京をパニックに陥れる―
 だいぶ異色な作品です。229
 
 地下道から器用にマンホールを開け、東京のド真ん中に出現した怪人は、とある有名怪獣のテーマにのってギンザをモウレツ闊歩散歩355
 そして無差別にただただ悪意を撒き散らす217
 現代人のかかえこんだ不平・不満を爆発させるかのように、乱暴に。無鉄砲に。
 わけのわからぬまま、捕らえられた怪人が迎えるラストは裁判劇 12
 ココまで。はたして観客みんながついてこれたかどうかは、ナゾです356
 
 トドメに、韓国の新鋭監督 ポン・ジュノTOKYO!をゆらす。。。
 「シェイキング東京」  
 
 11年間引きこもりせ生活を続けてきた男(香川照之)が、毎週土曜日に注文するピザの配達員(蒼井 優)に恋をするという物語。
 
 キーパーソンに竹中直人まで出てきて、キャストのはまり具合がグーな作品です218
 
 
 
 ストーリーの展開の仕方は、さすがはポ・ジュノ!433 うまいっ!!!
 ヘンにこだわらず、出し惜しまず、ぢゃんぢゃん展開させてしてゆく導演ぶりがワタシはとてもすきですねー♪
 なのでわりとしょっぱなから・・・シェイクしますよ221 こうご期待360
 
 「ほんとうは寂しいくせに寂しくないフリをしてたり、その寂しさを受け入れてある種の心地よさを感じていたり。孤独はむしろ平和でいいから、お互い関わるのはやめようなんて思っていたり。」
 ポ・ジュノがオファーをいただき、イメェヂした東京人の印象はそういう不思議な感覚だったそう。
 ナルホド。 3作品中、カレの作品にその想いが一番顕著に表れていたような気がします。
 
 今回 日本で撮影をこなせたことで、ポ・ジュノは数ある外国からのオファーを受入れ、フランスとの合作映画製作に着手することを決めたそうで424
 新たなカレの世界を体験できる♪と、今からとっても楽しみ~!
 こういう風に世界を飛び越え、皆で映画をつくる。ってステキなことですね。
 そうやって異邦人の目で撮られたら、撮られた方でもまた新鮮な発見ができる。
 今回描かれた3つのTOKYO!の中にも、みなさんそれぞれハッ!と気づかされる部分があるんぢゃないかな。 「TOKYO!」の中に隠された、ほんとうのTOKYO!、ほんとうの自分の姿、探してみたりしませんか?
 
 公式サイト: 『TOKYO!』
 
スポンサーサイト
【2008/09/23 23:57】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<Jay調カントリー | ホーム | 稲穂ゆれる秋>>
コメント
さすがカラックス!東京を撮っても一筋縄ではいかないんですね!
わたしもコレ、前にチラシ見て気になってました。
蒼井優ちゃんもでてるし
加瀬亮、香川照之。
カラックスにミシェルゴンドリー
なにやら興味深い名前がずらり。

私も時間に余裕ができたら見たいなー。

あいかわらず小桃さんのレポ大好きです♪
【2008/09/24 02:31】 URL | heidi #x5iox0RQ[ 編集]
☆heidiさん
気になる名前がズラリ!ですよねー。
このメンツで日本を撮ったらどんな”TOKYO!”が出来上がるのか?!
すごく興味深々でした。
そしたらスゴかったーカラックスがっi-229
フツウにいうと、ポン・ジュノ作品が一番オススメなんだと思います。
でも個人的にはゴンドリーがすきかも。
観てこられたら、heidiさんの感想もぜひ聞かせてくださいねーv-222
【2008/09/24 21:37】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
気になってたtokyoレポ、ありがとうございます~
カラックス版は、やはりドニ・ラヴァンがでてるんですか~ それだけで、恐ろしい(笑)
ポン・ジュノも、世界的な監督になっていきそうですよね。わたしも、見ましたら感想いわせてくださいね~
来月は、いよいよギドク公開がまってますね!こちらも楽しみ。
【2008/09/24 22:03】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
ドニ・ラヴァン、こわいですよー!
怪人なのに、フレンチさんだけあってそれとなくオシャレなのがツボでした。i-234
仏映画界の鬼才二人を相手にまったく引けをとらなかったポン・ジュノはさすが。
海外コラボしたらどんなことになるんだろう???
またお楽しみが増えましたね♪
そしてそしてそして、ギドクの新作 公開ですかー?!!!v-360
もしや『悲夢』?
いったいどんな作品に仕上がっているのか。
期待度1000%で出かけるつもりでいますが、きっとギドクはその期待をうわまわるスゴ技をみせてくださることでしょう。
大阪公開が待ち遠しいです。
【2008/09/25 14:05】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/339-fd7a6653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。