しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
愛の讃歌
 Édith Piafエディット・ピアフ)の「Hymne à L'Amour(愛の讃歌)

 多くの歌手がカバーを手がけ、日本でも越路吹雪美輪さまが歌い継がれているあまりにも有名なこの一曲。 かわいいフレンチPOPS仕立てになんかにもアレンジされてて、意味もわからず「あなた~の燃える手で~♪」ってあまい曲なんだとばっかり思ってました。
 
 こないだパリへ行った折、なんとなく行きたくなったモンマルトルのシャンソニエ。
 赤いベルベットのカーテンが引かれたステージに、ぽっかり小さなスポットが当たる。
 そうして歌われたこのひとの歌は、あまく楽しい・・・そんなものではけしてなかった。
 魂の奥底からしぼり出されるような
 生きるために歌うような歌わなくちゃ生きられないようなそんな類の曲。
 気になっていろいろ聞きかじってみたけれど、すごい映画が公開されてたのですね。

 『エディット・ピアフ~愛の讃歌』
 「めっちゃいいから。(観てきなさい。)」
 「とりあえず大音響で見てほしいから。(スクリーンで観てきなさい。)」
 お友達のマダム&ムッシュたちからはげしくオススメされてたのにスルーしてた映画。
 ついにDVD(!)を渡され、強制鑑賞です―356

 大戦下、パリの下町 ベルヴィルに生を受けたピアフ
 産気づいた母親を前に救急車を呼びに出た父親は、居酒屋に寄ったきり戻ってこない。
 結局、母親は自宅前の石畳の上にピアフを産み落とした。といわれています。229

 ピアフには伝説とも思える逸話が数多く残されているようですね。 たとえば・・・
 ・「酒は体内の悪い虫を殺すから。」といって、哺乳瓶にワインを入れて飲ませていた。
 ・2歳で失明。 6歳で自然治癒したのを、聖テレーズのおかげだと信じている。
 ・父親と旅まわりの生活を続けていた9歳の時、父親の代わりに大道芸を勤めなければならなくなったピアフ。
    
  そこで彼女は、唯一知っていた曲「ラ・マルセイエーズ」(仏国歌)を堂々と歌い上げ、父親が集めるよりずっと多くのお金を得た。  etc. etc...
 
 ピアフは”歌”という天職を見つけ、15歳で一人立ち。
 2つ下のモモーヌという女の子と義姉妹となり、まず手はじめに路上や安酒場で歌うことからはじめる。
 あるとき、路上で歌っていると警察官がやってきて、「おい!道で歌うのは禁止だぞ?!」と歌をやめさせようとした折、「歌わなきゃ、食べられないのよ!」と言い返したピアフたちに、「お願いだからあっちの道で歌ってくれないかな。。。あそこはぼくの管轄ではないし、なかなかいい所だと思うんだけど。」と警官が譲歩したこともあったそうな。ププ。 フランスらし♪
 とにかくものすごい声量だったというピアフの歌声。
 彼女の歌声に魅了されたのはパリの下町の人々、警官だけではなかった。
 20歳のとき、シャンゼリゼの高級キャバレー ジャニーズの経営者 ルイ・ルプレに見出され、その声からLa Môme Piaf(雀のような娘)と命名。 華々しいデビューを飾る353
    
 彼女の人生が大きく大きく動きはじめた―
 
 その矢先、ルプレ氏が何者かに銃殺。。。
 悲しむどころか、その嫌疑をかけられスキャンダルの渦に巻き込まれてゆくピアフ。
 しかし彼女の歌はまだ死んではいなかった。
 作詞家 レイモン・アッソの元へ弟子入りし、発音すること。詞の意味。表現の仕方。あらゆることを学び直し、フッカツ!
 1937年 ”エディット・ピアフ”としてはじめて音楽ホールのステージに立ち、公演を見事成功させる360
 
 
 Jean Cocteauジャン・コクトー)からも賞賛を受け、有頂天♪
 
 以後、ピアフの名は全世界をかけめぐることに・・・。
 
 
 
 
 
 ピアフ絶頂の31歳。
 パリから遠く離れ、アメリカにいた彼女の元を、一人のボクサーが訪れる。
 Marcel Cerdanマルセル・セルダン
 ピアフが生涯でいちばん愛した男。
 この運命的な出会いが、伝説の一曲を生むことになるのです―
 
 
 その日、試合が終わった彼が駆けつけてくれるのを待ちきれなかったピアフは、セルダンに電話でだだをこねた。
 「はやく来て。 今すぐ会いたいの。」
 熱情のまま、いの一番に飛び乗ったセルダンの飛行機が・・・事故に。
 悲劇的な結末を突然迎えてしまった二人の恋に捧げ書かれたのが、
 「Hymne à L'Amour(愛の讃歌)」です。
 
 Si un jour la vie t'arrache à moi     ある日突然その命が奪われても
 Si tu meurs que tu sois loin de moi  もしあなたが死に、私から遠く離れてしまったとしても
 Peu m'importe si tu m'aimes      それでもあなたが愛してくれるなら、私は平気
 Car moi je mourrais aussi          だって私もやがて死ぬもの
 Nous aurons pour nous l'éternité     私たちはずっと一緒よ
 Dans le bleu de toute l'immensité    広く青い
 Dans le ciel plus de problèmes       空の上ではなんにも心配いらないわ
 Mon amour crois-tu qu'on s'aime     あなたは私たちの愛を信じてる?
 Dieu réunit ceux qui s'aiment        神様がきっと愛し合う二人を結びつけてくださるわ


 
この歌詞。そしてこのエピソードを知ってからこの曲を聴くのと聴かないのとでは、ずいぶん印象がちがうはずです。

 実のところ、ピアフはとっても恋多き女性。
 若い身空で娘をちゃっかり設けていたりしたし、ピアニストを務めていた
Charles Aznavourシャルル・アズナブール157
との親交や、歌手のGeorges Moustakiジョルジュ・ムスタキ)、アメリカ時代にはJacques Pillsジャック・ピルス)、晩年にも20歳年下のギリシャ人美容師と恋仲になるナド
、かなりセンセーショナルな生き方をしてきました。
 
 
 多くの恋の中でも、彼女が見出し磨き上げた Yves Montandイヴ・モンタン)との恋は有名。 ラブラブな二人を歌った「La vie en Rose(バラ色の人生)はこの時に歌われたものですが、今作ではざっくりカットされてましたネ。230 しかしそのぶん、セルダンとの恋がより劇的で運命的なものに仕上がっていたような気がします。
 
 実際に、セルダンとの恋は他の誰ともちがっていた。
 彼女がずっと求め続けていたほんとうの愛がそこにはあった。
 なのに、そのひとを奪われた。 ある日あまりにも突然に・・・
 心の奥底からあふれ出てきてやまない哀しみをしぼり出し、歌い上げた
 「Hymne à L'Amour(愛の讃歌)」
 ごたいそうなそのタイトルに恥じない一曲だと思います。
 
 ピアフが伝えたいこと。
 ”それが永遠の中の一瞬だったとしても、愛したことがすべてなのよ。”
 
あまりに正直に
 あまりに真剣に
 力強く生きた愛した ピアフ 47年の人生。
 はじまりの場所。 終焉の場所。
 駆け上ってはまた下る 栄光の日々。
 自分の存在意義を確かめるかのように最後の最期まで歌いつづけた彼女のこと。
 今作で、あなたも見つめてみませんか?
 


 
 La Môme(エディット・ピアフ~愛の讃歌~)』
 
仏・公式サイト
 
 監督・脚本:Olivier Dahan
 
 キャスト:Marion Cotillard、Sylvie Testud、
       Pascal Greggory、Emmanuelle Seigner、
       Jean-Paul Rouve、Clotilde Coureau、
       Gérard Depardieu、Catherine Allégret 他
 
 
 
  
スポンサーサイト
【2008/08/18 23:23】 | フランスいろいろ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<奧林匹克のツボどころ | ホーム | キッカケは愛情合約・・・>>
コメント
私も観ました。
ピアフの存在感に圧倒されました。
あんな風に情熱的に生きるって凡人の私はちょっとうらやましくなり、また怖さも覚えました。
情熱的に歌い、
情熱的に恋をして、
情熱的に笑い、
情熱的に楽しみ、
情熱的に泣き、
情熱的に悲しむ。

私って冷めてるのかな~なんて考えさせられて
この映画を観た後、iPodに入ってたピアフのアルバムをひたすら聴きました。

【2008/08/19 02:47】 URL | heidi #x5iox0RQ[ 編集]
☆heidiさん
ご覧になられたましたかー?!!!
私もできることなら大スクリーンで見たかったです。
> 情熱的に歌い、恋をして、笑い、楽しみ、泣き、悲しむ。
すてきな表現♪
ピアフは人の何十倍何千倍も濃ゆい人生を生き抜きました。
ゆえに歌われた。
というか、この世に放たれた歌たちもすごいパワーを持っていて・・・
魂のこもったピアフの曲を聴いてると、生きるパワーをもらえる気がします。
ワタシは「Milord」とか。出だしの威勢が良すぎてすきだなぁ。i-237
heidiさんのiPodにはどんな曲が詰め込まれているのでしょう?また教えてくださいね。
【2008/08/19 16:33】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/322-57ddc5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。