しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
顔見せ三国志その③ 呉の巻
 まんをぢし、呉宇森ジョン・ウー)監督の歴史大作 『赤壁(レッド・クリフ)が解禁237
 香港、大陸を経て、昨夜は台湾でも首映會が行われ、監督はじめ、梁朝偉トニー・レオン)、金城武張震チャン・チェン)、林志玲リン・チーリン)ら主演キャストが大集合されました。433
 
 台北郊外の碧潭 その名も”小赤壁”というところで行われた水上首映禮353
   
 100mの水上星光大道を歩く大明星たちを一目見ようと、3,000迷が岸辺を埋め尽くしたようですヨ。
 
 アジア公開を目前に控え、お顔見せ三国志も残すところあと一国となってきました。
 オオトリはこの物語のメインとなるこのお国 219
 顔見せレポ の巻です。

 呉国のリーダーといえば、このひと155
 孫権仲謀そんけんちゅうぼう張震チャン・チェン
 
 曹操と共に、反董卓(とうたく)同盟の一員だったおじいさまの孫堅は流れ矢を受け死亡・・・。 跡継ぎの兄 孫策も暗殺され、その弟 孫権19歳でこの地の首長の座につくことに。。。
 そんな流れからも想像できるとおり、「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」的性格なカレ。
 魏の曹操や蜀の劉備のように、進んで天下争いに絡むようなこともしなかったので―
 地味!230
 なのですが、生まれつきの角ばったお顔、おおきな目、おおきな口。 紫のヒゲをたくわえ、碧色の目をした”碧眼児(へきがんじ)”。 酒に酔うと暴れる伝説数知れず・・・。。。 実際にはとってもインパクトのあるおひとだったのかも。
 
 三国鼎立混乱の世において、呉の国の生活は比較的平穏―
 地の利が昂じて、高い生産量を誇る平和な国でした。 
 その呉がくるくると、争いに巻き込まれてしまったのが今回描かれた”赤壁の戦い”
 お待たせしました! いよいよこのひとの出番です 439
 
 周瑜公瑾しゅうゆこうきん梁朝偉トニー・レオン
 
 勇猛であるばかりか、男でも惚れちゃいそうな美男352だったという周瑜
 
 江東随一の名門出のお坊ちゃま育ちだったため、音楽にも一方ならぬ嗜みを持っていたらしく、劇中でもライバルであった孔明と二人、琴をつま弾くシーンがあるそうな♪
  
 度量も大きく、カッコイイ! 人々から”周郎(若さま!)”と呼ばれ誰からも親しまれていた武将だったようです。
 
 迎えた「赤壁の戦い」。
 圧倒的兵力の魏軍を前にはじめ尻込みしていた呉軍を、上手にノセて開戦に踏み切らせたのは、蜀の名軍師・・・諸葛亮孔明金城武217
 呉王 孫権からの信望も篤い周瑜は、この戦いで総指揮官に任命され、ついには曹操率いる魏軍を打ち破ってしまう!
 
 喜びもつかの間。 頭の良すぎたカレは「なんでもお見通し~♪」な天才軍師・孔明に対し、「今度はわが国をとられてしまうのでは?」と一抹の不安を覚えるのでした。。。
 孔明が陣営内でヒソヒソ誰かと話しているのを目にしては、「暗躍か?陰謀か?」と言いようのない不安に駆られストレスフルな日々を送る周瑜。393 一人不安を抱え戦いを続ける若き指揮官の心は次第に病魔に蝕まれてゆき、ついには36歳の若さで倒れ、道半ばにして果ててしまいます。。。
 「天は周瑜をこの地上に生み落としながら、なぜ諸葛亮(孔明)までも誕生させた。」
 そう言いのこして・・・
 天才ゆえの苦しみ悩み。
 プライドがとってもお高いくせに、結構ガラスなハートだった周瑜。。。
 三国志の中で最も興味深いキャラであるカレをトニーがどう料理してくださるのか楽しみです178

 
 周瑜の妻 小喬林志玲リン・チーリン
 
 
 
 「喬」は背が高くスラリとした様を表す語だそうですが、その名の通り長身でしかもとびきりの美女だった”二喬”姉妹。
 
 荊州攻めの折、孫策が見出し、
 姉の大喬を自らの妻に。
 妹 小喬を周瑜に与えたと言われています。
 
 
   
 
 
 
 そんな伝説の美女を演じたのが、今回が銀幕デビューとなる志玲サン。
 モデル出身の彼女に課せられた重役にどうなることかと思ってましたが、書道に茶道いろいろお稽古までして挑まれただけあり、見事 に大変身354
 
 出来上がったビジュアルは、どっからどう見ても小喬ですねー♪

 
 さてさて。
 美女が絡めば戦が起こる・・・古来からそんなものですが、三国志も例外ではなくー
 赤壁の戦いの口火を切るキッカケとなったともされている姉妹 二喬。 
 数では到底かないっこない魏軍を前に、当初は開戦に踏み切るべきか呉王 孫権は迷っていたんですよね。
 で、周瑜に相談してみた。
 開戦派、降伏派が周瑜の元を入れ代わり立ち代わり訪れ、ゆれる周瑜。
 ついには降伏を決意する周瑜を口説き落としたのはこの一言・・・
 「それなら曹操に名高き美女姉妹 二喬を差し出せばそれでよいのです。 大喬、小喬を共に傍にはべらせたいのが曹操の望みなのですから。
 周瑜は大憤慨し、呉は蜀と同盟を組み、赤壁の戦いの幕が切って落とされるのです―
 何を隠そうこのコメントの主は「なんでもお見通し~♪389のあの方なんですけど356
   
 
 
 
 周瑜ほどの武将をも手のひらでコロコロ転がしてしまう大軍師。
 
 スゴイんですけど、
 私は翻弄されてる周瑜が結構スキだなぁ。229

 
 
   
 
 
 
 孫尚香趙薇ヴィッキー・チャオ
 孫権の妹
 美人なのに、23歳まで嫁にもいかない。というのは当時としては珍しかった。
 それもナットクしちゃうくらい、男勝りの武術の使い手91 豪気な気質を持った女性だったそう。
  
 イメージどおりの小喬像に比べ、孫夫人の評判はいまひとつらしく―
 おでこが大きくて・・・コワイ。 とかゆわれちゃってるみたいデス。

 そんな尚香を妻を亡くしたばかりの劉備の後添えに。。。
 というのは、口実で、呉に呼び寄せた劉備を人質にし、荊州の返還を迫ろうと企んでいた周瑜。391
 しかしココでも「なんでもお見通し~♪」さんが先手を打っていたのです。
 イチ早く、劉備と孫権の妹の婚礼のウワサを広めていた名軍師さま。 ウワサが先行し、後には引けなくなるまでに炒めておいてから劉備を呉にやって来させ、二人はめでたく夫婦となる―
 じゃじゃ馬姫との婚礼に対し、「おめでたいけど、劉備がちょっと気の毒だ。」なーんて皆がウワサしていたみたいだけれど、万事まるくおさまりました。221
 さて。後は自国へとって帰るだけ。
 自領 荊州へ戻るという劉備に、つき従った孫夫人。
 呉軍の追っ手が迫るも、孫夫人を前にしてはなすすべもなく・・・
 夫となった劉備と共に、無事に荊州へ入り妻として人々に迎えられたのでした。

 と。
 ここまでのメインだけでおなかいっぱいな『赤壁』 呉陣営ですが、いつものようにチーム呉自慢の猛者たちもご紹介~222
 

 魯粛子敬ろしゅくしけい侯勇ホウ・ヨン
 周瑜に見出され、孫権の右腕となり活躍を遂げた参謀 魯粛。
 赤壁海戦の開戦派として、周瑜と共に孫権を説得します。
 いち早く曹操の動きを察知し、蜀の劉備と共同戦線を張ることを提言したのもこのお方。
 ということで、「なんでもお見通し~♪」さんを呉陣営に連れてきちゃったのもこの魯粛なんですよねー・・・394
 周瑜の死後は、呉陣営の舵取り役としてがんばる魯粛。220
 今回の作品では描ききれてないかもですが、関羽 最後の戦いでも絡んでくる呉軍の重要キャラクター。 これを機に覚えておきましょう。
 
 呂蒙子明りょもうしめい
 武勇は抜群。 しかしインテリジェンスに欠けていた呂蒙。。。
 孫権に「もっと勉強しろ。」と諭され、中年になってから学問を始め、じんわり知勇を兼ね備えた武将に変身してゆきます。
 そのがんばりはカワイイけれど、実はワタシのすきな関羽を殺した武将なんですよ、コイツ。217
 呉蜀同盟の証のため嫁いできた孫夫人は、劉備が四川へ侵入すると、ほどなく呉へ帰国してしまう。
 同盟の崩れから、荊州領有をめぐり争うことになる呉と蜀。
 関羽を筆頭とする蜀軍は、燓城(はんじょう)で魏軍と同盟を結んだ呉軍の挟み撃ちに遭い、関羽は呂蒙の手で処刑されてしまいますー406
 見事に勝利を手にした呉軍 呂蒙でしたが、その祝宴でいきなり憤死してしまったのは、関羽の霊に取り憑かれたから?ともいわれているそうですよ。

 劉備を支えた諸葛亮孔明。
 曹操を支えた荀文若じゅんいくぶんじゃくのように、この国にも孫権のブレーンがいました。
 諸葛瑾子瑜しょかつきんしゆ。 あの孔明のお兄ちゃまもその一人。
 さらに今回のストーリーでキーパーソンとなること必至な古参のこの方も要チェックですよー237
 
 黄蓋公覆こうがいこうふく張山チャン・シャン
 赤壁の戦いの奇襲策を献じたのは、何をかくそうこのおひと219
 三国志読むとどこかで絶対寝返る輩が出てくるわけなのですが、黄蓋は寝返るフリをして敵陣に潜入し、自らの奇策の仕上げをする。という重大な任務を背負わされてしまうんです。
 魏軍への投降を曹操に信じこませるために、周瑜とものすごい勢いの激論を交わし、棒たたきの刑・・・12まで受けて不和を演技。 迫真に迫る演技は味方の呉軍をも欺かれてしまったほどだったトカ。。。
 劇中でも重要なシーンとなることは必定! 「赤壁の戦い」へのプロローグ、見逃さないようにいたしましょう222
 (新浪娯楽
 
 ということで一気にキャラを追ってみました。
 長文となってしまいましたが、最後までメゲずに読んでくださった方に感謝。435
 コレでどこまでわかってもらえるのか? 書いた本人ももはやナゾですが、映画鑑賞の助けとなれば幸いです。
 ここまで書いてきて、再び気になってきたのが「なんでもお見通し~♪」な孔明さん。
 今さらですが、ちがう本でカレを追っかけ直しているところ。 目線を変えればまたちがった孔明像が出てくるようで楽しいですね。
 いくら掘っても掘りきれない深さを秘めた三国志☆
 今回はじめて「赤壁」を知った方はモチロン、ずっとすきだったってファンさんも、きっと新しい発見ができるはず。
 ジョン・ウー版 『赤壁』が日本にやって来る237 11.01 まであとすこし。
 ドキドキわくわくしながらその日を待ちましょう238
 
 公式サイト:『赤壁(レッド・クリフ)』

         孔ピー&周ピーって・・・ナニ?! 230
スポンサーサイト
【2008/07/09 23:53】 | 気になるいろいろ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<はじめてのコンサート | ホーム | タベモノ is MY LIFE!>>
コメント
呉の巻、お待ちしておりました。完璧すぎる解説に舌をまいております~ 3国のなかで地味なお国、そして周喩以外は地味な部下たちですが・・・それでもやっぱり魅力ありますよねっ!
わたし、黄蓋おじさま好きです(笑)
妻たちと兄弟姉妹を分かち合う孫権と周喩の友情、飛んでる妹の劉備妻っぷり。孫策もそうとう切れる人だったみたいですよね。兄もいきてたら、どんな呉陣営だったのでしょうか?
美周郎トニー。ちょくら「ほうれい線」がきになりますがっ(笑)、金城孔明との対決、ほんとに楽しみですねぇ。
今も江南に美女多し・・といわれるのは、大小喬姉妹の二人がよほどっていうことですよね。そんな美女たち、みてみたかったです。といっても、中国でも今と昔の美女はやはり大きく基準違うんでしょうかねっ。楊貴妃にしろ、虞姫にしろっ。
【2008/07/12 15:36】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
超天才 孔明を前にした周瑜トニーの表情・・・サイコウですよねv-218
(ほうれい線は目をつぶりましょ!爆)
コレだけでもう見なくてはっ!って気になります。
わりと周瑜寄りな方なので、カレにまつわるetc.は知ってたんですけど、孫権だって孫策だって、いさぎのよい黄蓋にだって、まつわるetc.はやっぱりあるわけで。 メモしてて楽しくなってしまいましたーv-433
二喬絡みな国だけに、女性陣も個性的なのも印象的!
美女が多いということは、それだけで充分にひとつの”歴史”となってしまうものなのですね。
ワタシは、馬を駆って夫の後を追った、孫尚香とかすきです。 劇中孫権お兄さまとの心の交流なんかも描かれているようですし、歴史小説では見られなかった女性像が拝見できそうで楽しみ♪
アレンジされた小喬の暗躍ぶりも見どころとなりそうですね。
タタカイの行方と共に、江南美女たちそれぞれの人生の行方にも注目いたしましょー。
【2008/07/13 02:09】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
こんにちはー。
小桃さん、解説が、す、すごすぎますー。
赤壁の戦いって、こんな話だったのですねー。
私、はっきり言って、三国史なんて子供の頃に見たアニメレベルの知識しかないもので(汗)。。
勉強になります。。

ちょっと気になっているのは。。
この試写会?のときに結構笑いが起こってたらしいという某日本語記事。。
で、監督もコメディの要素を盛り込んだ、と認めたらしい。。
この映画、コメディというイメージではないのですが。。はて?

ますます、どんな映画なのか気になります。。
【2008/07/14 00:19】 URL | green #LcAofKD.[ 編集]
☆greenさん
こ、こんなんでダイジョウブでした?
”赤壁” 三国志の中でも最もすきなくだりだし、周瑜というキャラクターにとっても愛を感じているので、突っ走ってしまいました。スミマセン。
greenさんが見られていたアニメ。 気になるー!
三国志はいろんなところで料理されて出されているので、今回のジョン・ウー版も楽しみですね♪
『アーメン・オーメン・カンフーメン』も撮ってしまったカレ。
コメディまで盛り込んでくるのですか?!(爆)
個人的には、翻弄される周瑜の姿が楽しみです。
もうゼッタイ観ましょうね~!!!v-411
【2008/07/14 12:50】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/302-d0b0c53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。