しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
顔見せ三国志その② 魏の巻
 今年はキますよ、三国志219
 まもなくお披露目となる、呉宇森ジョン・ウー)監督の歴史大作『赤壁(レッド・クリフ)
 10月の日本公開に向け、公式サイトも出来上がってきたようです433

        海報も♪

 お顔見せレポも急がねばっ355
 ということで、今回はの巻です。 
 魏といえば、キャラの濃ゆいこのお方
 曹操孟徳
 たった一代で魏を築き上げた英雄がすぐさま頭に浮かぶもの。
 ~用陰謀 陽謀 明說 暗奪的摸~
 と。 JJのおうたのとおり、権謀術数に長けた天才肌のリーダーさん。
 切れ者ゆえにキレやすい236237
 ・・・ 冷酷非道なところを描かれた著書が多く、そんなイメェヂばかり植えつけられてました。229


 そんな折、”三国志”のキーワードに惹かれて目にした漢詩番組で、曹操の詩「短歌行」をきいてしまう。
 赤壁の戦い前に詠まれたという有名なこの詩―

 對酒當歌 人生幾何?
 慨當以慷 憂思難忘 何以解憂? 唯有杜康
 酒を前に、人生の儚さ、憂いを酒で癒そう。305 とはじまり、
 
 月明星稀 烏鵲南飛 繞樹三匝 何枝可依?  
 星影うすい月明りの中、烏鵲(うじゃく)は南へ向かって飛ぶ。
 鳥たちは木のまわりを何度も何度もぐるぐるまわる。
 巣をつくる枝が見つからないのか?
 才能を持ちながら、仕えるべき主君が見出せない者はいないか?
 
 山不厭高,海不厭深。
 山は高ければ高いほどよく、水は深ければ深いほどよい。
 つまりは同じように、人材は多い方がよい。というわけだ。
 
 大きな戦いを控え、優れた人材を待ち望む曹操の心の声で締めくくられています。
 センスあるぅ。
 悪役だった曹操のイメージがぐーんとUP158してきたところで、お顔見せとまいりましょうか♪
 
 曹操孟徳:張豊毅チャン・フォンイー
 
 
 156このビジュアル。
 どこかでみなさんご覧になられてきたことでしょう。。。
 
 『さらばわが愛』ではやたらと豪気な覇王を演じ、
 『項羽と劉邦』では劉邦役・・・
 数々の大陸映画で目にするあの役者さん。
 
 カレのキャスティングでお気づきの方もいらっしゃるように、おそらく今回も悪玉曹操な予感されます356
 
 
 
 
 曹操の愛姫 麗:宋佳ソン・ジア)に、 ”二喬”と賞されるの美人姉妹と、オナゴの影もチラホラリ392
 オリジナルで、小喬が曹軍を密かに訪れる。というシーンも盛り込まれているそうで。
 

 曹操の頭痛を小喬(チーリン)がマッサージで癒してあげるという一場面。
 しかしこの間に、呉軍はちゃっかり戦闘態勢を整えていたのです。―オナゴってこわっ404
 赤壁での敗走後、曹操の頭痛の種はますます大きくなる一方。
 名医 華陀の診察を受けるも、開頭手術を行おうとした華陀が自分を暗殺する217ものと勘違いし、彼を獄死させてしまう。なんてムチャっぷり逸話もありましたナ。。。
 曹操の病はそのまま悪化の一途をたどり、66歳で病死―


 その後、長男 曹丕そうひが跡を継ぎ、魏王朝を創建。 文帝と称する。
 曹丕はちょっとインケン(?)な輩だったので、父 曹操にかわいがられた
曹植そうしょく、その側近たちを冷遇します。
 文才があった植を丕が試した「七歩詩」という逸話も有名353
 七歩詩
 つまり”7歩歩く間に詩を創れ。”という無理難題なチャレンジだったのですが、曹植は兄の不当な態度を暗に示唆する内容をも盛り込んだ詩を見事に吟じてみせたのでした。424
 ものすごくキレイだったという10歳上の兄嫁(甄氏)に想いを寄せたりしていたらしいし、なにやら悲壮感いっぱいの曹植。 悲劇的なその人生が詠ませた詩はすばらしいものが多いというから、なんだか皮肉なものです。390
 曹植は小国を転々と移り住み、酒におぼれる日々を送った後、不遇のうちに病死してしまうのでした。
 
 曹操には、丕や植以外にもたくさんの子がいました。
 天下三分の戦乱をおさめた魏王朝で、しばし繁栄をみせる曹一族。
 しかしそんな曹家も155このひとのクーデターにより滅んでしまいます。。。

 蜀の天才軍師 諸葛亮孔明最大のライバル 司馬懿仲達しばいちゅうたつ
 元々は、曹操の参謀で、曹丕の世話役でもあった司馬懿。
 なんていうか、めちゃくちゃ賢いです・・・たぶん一族全員がインテリっこ
 一時的な一派でしかない。と曹操が踏んでいた劉備軍(蜀)をたたくことを逸早く進言していたのもカレ。 でも曹操は、”望蜀”の故事(隴ろうを得て、蜀を望む。 欲にはキリがないという意)を引き、聞き入れなかったんですよねー。 で。結局は・・・それが頭痛のタネになった。笑
 そこで「ダメですよ。今やらないと!」とか強く出すぎないのが、司馬懿のスゴイとこ221
 決して出すぎず、上司の考える一歩後ろでその考えに賛同するフリができたのです。
 猫かぶるのもカンペキにやれれば、スゴイってこと。

 そういえば現社会にもいますよねー、こういう人たち237
 三国志って、現社会にもキャラを置き換えることができるので楽しいです♪
 
 と。
 長々歴史の時間めいてきてしまいました。スミマセン
 魏って、曹操以外のお顔見せがあんまりなさそうなんです。。。
 
 たとえばチーム の名コンビ  

 
 張飛:臧金生ザン・ジンシェン)&関羽:巴森バー・セン
 みたいな猛者たちもたくさんいてるのに、ピックアップされてこないのはやっぱ・・・悪玉だから? でもせっかくなのでお名前だけご紹介しておきますか220
 
 夏侯淵妙才かこうえんみょうさい
 曹操の従兄弟。曹操夫人の妹を妻にもつ。
 血気にはやるまま出撃したところ、老将だと思っていた蜀の黄忠こうちゅう)の返り討ちに遭い。。チーン。

 
 夏侯惇元譲かこうとんげんじょう
 こちらも曹操と少年時代からつるんでいる従兄弟。
 曹操の話にもよく出てくるなかよしサン439  たぶん性格が・・・似るのでしょう。。。
 14の時に義のため男を殺し、呂布りょふ)討伐時に流れ矢が目に刺さったのを引き抜いた際一緒に飛び出た目玉を飲み込んだ?!12と言われている猛将です。

 
 許褚仲康きょちょちゅうこう
 ホントかどうか?ですが、片手で牛のしっぽをつかみ100歩引きずった・・・との武勇伝を持つ巨大漢。 その勇猛ぶりをかわれ、曹操にスカウトされ、お守り隊となる。
 でもブレーンとしては・・・使いものにはならなかったみたい。
229
 
 これだけ心強い将たちに囲まれているのにも関わらず、曹操がどうしても陣営に引き入れたかったのは、蜀の関羽だったんですよねー392
 冷静な判断ができ、強く、人として尊敬できる男。+賢すぎないこと(笑)
 関羽はこのあたりのバランスがとてもよくとれた武将だったと思います218
 曹操ぢゃなくとも、ワタシもホレてますからね238  (新浪娯楽
 
 あんまり知らない魏国でしたが、はじめての畑を掘り返してみるとわりとザクザク出てくるものですね。
 めちゃ長くなってしまいました。 最後まで読んでくださったみなさま、アリガトウゴザイマス!
 曹操のことをもろもろ書いてきましたが、中国のことわざにこんなのがあるそうで・・・
 「説曹操、曹操就到」 (曹操のことを言えば、曹操が現れる。)
 ”ウワサをすれば影がさす。”ということをこのように言うそうな。
 おっかないので、曹操のハナシはこれでおしまい。
 次回はいよいよ『赤壁』メインのお国 の巻ですー。

スポンサーサイト
【2008/06/10 23:34】 | 気になるいろいろ | トラックバック(1) | コメント(4) |
<<食いしん坊コンビ | ホーム | ブルネイ王子 母校へ帰る>>
コメント
こんにちはー。
小桃さん!ものすごく、勉強になります!さすが博識でいらっしゃる。。

私は三国志は全然詳しくないのですが、曹操って憎たらしい人間に描かれてることが多くて気の毒ですよね。実際ひどいこともやってますが、文才も教養もあって、結構名君だったというようなことを聞いたことがある気がします。。

で、「レッドクリフ」では曹操役は、覇王役の人なんですねー。ほー。『覇王別妃』ではついつい、レスリーとコン・リーに目が行ってしまいましたが、彼もなかなかの存在感でしたもんね。。『関羽と劉邦』は見てませんが。。

しかし、あんな時代に開頭手術やってたんですね。。びっくり。。さすがに曹操も受ける勇気がなかったんでしょうね。。

>冷静な判断ができ、強く、人として尊敬できること。+賢すぎないこと(笑)。
なーるほど。。本当にバランスが大事ですよね。はい。
確かに素晴らしい人物だったとはいえ、関羽は神とあがめられ、一方曹操は天下の悪玉に。。
おそるべし中国。何事も極端です。。

まあ、何はともあれ、10月の公開が楽しみですね!
【2008/06/11 04:37】 URL | green #LcAofKD.[ 編集]
☆greenさんっ
ワタシも忘れそうなのでmemoしてるだけですーi-229
まちがいもあるかもしれないので、ツッコんでやってください。
今回はN局製作の漢詩紀行に出演されてた作家 陳舜臣の影響もあり、曹操にハマりこんでしまいました。
しかし『赤壁』では、ワル。
ですよねーv-356 きっと。
オナゴに気をとられるシーンばかりでなく、オペしようとして暗殺者にまちがえられちゃった華陀のハナシも盛り込んでいただきたいものです。
曹操もイイけど、やっぱりワタシは関羽ですよv-433
一緒にオシゴトに励むのならば、こういうひとがヨイですわ♪
ってなこと妄想しつつ読むと、結構楽しいですよ、『三国志』!
greenさんもこの機会にぜひどっぷり浸かってみてくださいv-222
【2008/06/11 12:45】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
小桃さん ご無沙汰しておりましたっ。いってきましたよ、ソウル。美味しかった・楽しかった・・・・そのしわ寄せと月末のことで、いろいろとあわただしい毎日です・・・・が、魏にはくいついちゃいました。
よくまぁ。こんなに詳しく楽しい解説。すばらしすぎ。
曹操といえば、JJの歌(爆) 
彼は儒教を切り離し、自由な人材登用をし、青州の黄巾族たちに土地を与えたり、いろいろ優れた采配をふるっていますよね。わたしも悪役イメージから一転しました。 夏候兄弟たちもかっこいいんですよねっ。チーム蜀と、ほんとにキャラ勝負ができるくらい。
息子の二人の逸話や華陀の話も、そういえばでてきました。お陰様でおもいだしました~
チャン・ホンイーの久しぶりにみる演技、楽しみです。始皇帝暗殺も、彼でしたもんね!
仲達もかなーり悪く描かれちゃうタイプですよね。しかし、孔明VS仲達は、やはり最強の頭脳戦、これもまた面白いっ。
チーム呉が3国のなかで一番キャラ薄いとしても、なかなかどうして。すごい人達がいますもんね。小桃さま解説楽しみです。



【2008/06/12 00:13】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
おかえりなさいませv-411
楽しかったの前に、美味しかったがきてる、やよいさんのソウル旅が気になります。爆
お忙しいのに、コメントありがとうございますー。
魏サポーターのやよいさんに見ていただけるだけでルンルンですよ♪
曹操って単品でもキャラが濃いので満腹感ありますけれど、魏って団体でみても結構すごいネタもりだくさん!(曹操の跡継ぎ問題とか、夏候兄弟の逸話とか。)
開けてビックリv-433 お勉強させていただきました。
やよいさんと陳舜臣に感謝しなくては♪
残るは呉ー
他の2国に比べると、リーダーからすでに地味v-356なお国ですが、トニー演じるあのお方の話はしっかりしておかなくっちゃv-220
映画公開に向け、ふくしうに励みたいと思ってます。
三国志・・・ネタありすぎでタイヘンだけど、追っかけるのが楽しいこのごろ。
よろしければまた見てやってくださいv-222
【2008/06/12 01:03】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/285-0dc4f831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2008/06/11 19:07】
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。