しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
カンヌからの祈り
 15年ぶりにお色直しを終えた『東邪西毒(楽園の瑕) 終極版が、カンヌへお目見え219
 一昨夜、ドビュッシー劇場にて首映會が行われました。

 
 王家衛ウォン・カーウァイ)監督は、梁朝偉トニー・レオン)、劉嘉玲カリーナ・ラウ)、楊采妮チャーリー・ヤン)のキャスト陣、撮影を担当した寵児 杜可風クリストファー・ドイル)と共にご出席。
 家衛ファミリーの張震チャン・チェン)も駆けつけ、華やか~353
 すでに映画界を去りし林青霞ブリジット・リン)―
 今は亡き主演俳優 張國榮レスリー・チャン)―
 カンヌにいないお二人にも想いを馳せる上映会となったようです。
 ちょうど8年前、トニーが主演男優賞を受賞した年のカンヌで一緒にレッドカーペットを歩いたカリーナ。 今回の『東邪西毒:終極版』が二度目の晴れ舞台。ということで、おめでたついでに今年中にご結婚されるかも。とのウワサもチラホラ聞こえてきたり433
 
 そういえばこの劇中では夫婦な二人。。。
 ”運命のひと”
 出会った瞬間にそう思えたというカリーナとの出会いをトニーはずーっとだいじにしてこられたんですね176 ステキです。
 
 今回上映されたのは、”終極版”353
 何がどう終極なのかというと、音響効果と色彩度がパワーアップしたのだそうで。
 「熟練者の目で、元の作品を見直すことは避けた。」と語る王家衛監督。 
 新しい技術を取り入れつつも、ストーリーのエッセンスはそのままに取り置いてくれたようです。
 (聯合報 1 2
 
 トニー&張震といえば、コチラでもお姿が垣間見られましたー433
 昨日カンヌで先行プロモーションを行った、呉宇森ジョン・ウー)監督の大作 『赤壁』チーム。
 
 今回は予告編だけの上映となったようですが、胡軍フー・ジュン)、林志玲リン・チーリン)、趙薇ヴィッキー・チャオ)。 華やかな共演陣が集い記者會が開催219
 ハリウッド作品ばりの出来に欧米からの評判も上々なようで♪
 美人姉妹の妹 小喬役を演じるチーリンさんはチャイナドレスでご登場353
 これまた欧米人の目を惹いた大きな要因となったみたいデス。229
 
 張震は、さらにUn Certin Regard部門にノミネされている台湾映画『停車』でも主演を務めているので、大忙しですね355
 共演の桂綸鎂グイ・ルンメイ)もカンヌ入りし、赤絨毯を一緒に歩く予定だそうな。
 呉宇森の新作映画で韓国女優 ソン・ヘギョと1950年代を描いた作品を撮るという予定もあるらしく、亜細亜の俳優 張震の活躍ぶりに今後も期待が高まります。392 (聯合報
 
 というわけで、今年のカンヌも華人たちが大活躍221
 
 「中国文学における武侠小説は、前世紀の混乱の中で人々に人気を博した。
 それはこれらの小説が、ひとつの想像世界を描き出してくれたからだろう。」とインタビューで語っていたカーウァイ。
 剣がただひとつの法―
 そんな世に生み出された英雄の姿に自己投影しながら、皆、想像の世界を楽しんでいたのかもしれません。
 しかし今作の『楽園の瑕』は、ただ”戦い”を描いたものではないというところが特徴219
 なぜ戦うのか―
 英雄たちのバックグラウンドに視点を移し、それぞれの過去に封印された記憶の瑕を描いたもの。 見ていて、胸が苦しくなるような作品です。 
 そんなにツライ物語なのに、上映後は10分間も拍手が鳴り止まなかった―424
 それは、どのひとの心にもこうやって置いてきてしまった瑕があるからなのかもしれません。
 
 たとえば先週起こってしまった、四川大地震
 多くのひとがまだ哀しみ、苦しみの中に取り残されています。
 その瑕はいつか癒えるかもしれないし、癒されることがないのかもしれない。
 たとえ消えても、もしも消せなかったとしても、人はその”記憶”と共に生きてゆくしかないのかも。。。
 
 カーウァイたちは、上映前、四川大地震の被災者に対し1分間の黙祷を捧げました。
 先だって上映された、『24城記』賈樟柯ジャ・ジャンクー)たちもまたしかり。
 呉宇森は収益の一部を義援金として現地へ送るつもりだそうです。
 
 一日もはやく、人々が健康で安全な生活を取り戻せますよう―
 
 カンヌから届けられた華人映画人たちの祈り。
 被災地のみなさまに届きますように。。。
スポンサーサイト
【2008/05/20 23:40】 | フランスいろいろ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<カンヌの華花 | ホーム | クリスマスの寓話>>
コメント
ついに封切りましたかっ。新生の楽園!
レスリーはいなくなり、ブリジットは引退で・・・もう見ることのできない豪華キャスト。
そうそう、カリーナとは別居中(!)夫婦の役でしたよね、トニーさま。
最近、カリーナがさらに美しくなってる気がしますね。やっぱり、ゴールインも近いのですかねぇ? 完全版は発売されますよねっ?カンヌだけなんてこと・・・ないですよねっ。そういえば、舞ブルーベリーの元となった、花様年華の別バージョンはカンヌだけ上映の幻作品でしたっけ?ううーむっ
そういえば、田監督の新作がオダジョー出演とか?ギドクの後は田監督。すごすぎる、オダジョー。
ほんとにアジアの映画から目がはなせませんねっ。
【2008/05/21 21:56】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
ついにお披露目ですよーv-411
レスリー演じる西毒のアクション場面が、ラストでちょこっと足されていると聞きました。
レスリーをすこしでも長く見ていたい我らには朗報です。
はやく観たい~~~~~v-433
日本公開は・・・1年後ですかね。ハハ
っていうか、カンヌだけなんて絶対ダメですよーぅv-217
トニー&カリーナ。
若い時よりずっとステキになってきました。
しっくりというか、落ち着いたというか。
二人でいるのがあたり前。そんな空気がただよう二人。
ケッコンしても、「あぁ。そうね。」そんなに違和感感じないんでしょうねー。なんかステキです。
最後に。
オダジョー・・・す・ご・いっv-433
田監督、張震の次はカレなのですねっ!!!
あの映像美にオダジョー・・・うわ。楽しみすぎます。
【2008/05/22 19:43】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/271-c2c0ee6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。