しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ふわふわインド珍道中
 年度末とあって、なんだか今月はお疲れモード356
 そんな時、なんだか無性にエイドリアン・ブロディに会いたくなり、『ダージリン急行』に駆け込み乗車してきました。
 

 三人三様バラバラだった3兄弟が旅するのが、脱力の国 インド219
 ブロディのトロンとした顔もさることながら、映画自体も期待通りの脱力系。
 ふわふわしてる木の芽時265には、ピッタシだったかも♪ この映画。
 155ネタバレあります。ご注意をー!
 父の死をきっかけに、長男の呼びかけで、なんでかインドを旅することになってしまったホイットマン3兄弟。
 コントロール・マニア。もとい段取り男の長男 フランシスオーウェン・ウィルソン
 実はもうすぐパパになる・・・ 次男 ピーターエイドリアン・ブロディ
 元カノ(ナタリー・ポートマン)への想いをずっとひきずる 末っ子 ジャックジェイソン・シュワルツマン
 それぞれの想いをおそろのスーツケースに詰め込んで、ダージリン急行234に飛び乗った3兄弟。 心が離れてしまってた3人のスピリチュアル・ジャーニーがはじまる―
 
 まず。いきなり舞台はなぜかパリ
 『ホテル・シュヴァリエ』というプロローグ短編で、ナタリー・ポートマン演じる元カノとジャックの物語を語り始めるわけなのですが、インドモード入っていたのでちょっとビックリでした。
 その後、ようやく本編がはじまります。
 これまたいきなりビル・マーレイが列車に飛び乗ろうとダッシュ29してて、ちとプププ237
 と219
 その後ろから、タッタッタッ30
 カモシカのような長いおみ足でおじちゃまビルを抜き去って行く男が一人―
 なんとそれがエイドリアン・ブロディでした。433 意外とスポーティ・ブロディ♪
 お父さん譲りのでかサングラスをかけ、颯爽とダージリン急行に飛び乗ったピーター221
 結局列車に乗り遅れてしまったビル・マーレイをトロンとした目で見送ります。
 この冒頭のシーンだけで、なんか満足しちゃったワタシ。411
 
 ウェス・アンダーソン監督といえば、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』がだいすきなのですが、今回はインド?! どんな化学反応をみせるか楽しみにしてました♪
 全面的に繰り広げられたインドロケ。
 ダージリン急行は内装も現地のものそのままに再現。 ホントに列車を走らせて、迷子(!)になるまで撮り上げてしまったというし、3兄弟がおそろで持ってるスーツケースとボストンバックも、実はLVのマーク・ジェイコブス特製品だトカ、細部までのこだわりようは相変わらずでもう感服。424 キャスティングのみならず、いろいろ目にも楽しい作品に仕上がってました。
 音楽もとってもグー218
 エキゾチックなもののみならず、意外な曲がインドの旅にピッタリしちゃうこともあるんだー266 ナドと、新発見もありましたネ。
 
 アンダーソン独特のシュールさも盛りだくさん175
 なぜか”毒ヘビ”531お買い上げのピーター12
 「あの娘がほしい。」 いきなりアテンド娘にアプローチするジャックに、「父の遺品はみんなのものだ。」「そのベルト、俺のぢゃないか?」とこと細かく持ち物チェック。ついには弟たちのパスポートまで管理(?)しちゃうフランシス229
 お葬式に出席することになった3兄弟が着ていた白い服は、たぶんそれしかなかったであろうパジャマだし393
 インドで”めいそう” 仰々しい行事にいきなり呼び出され、ピンクパンツで飛び出してくるブロディだとか。
 バカ笑いではなく、くすくすおかしい場面が目白押しでしたー433
 
 そんな風なので、未だ大人になれきれていない3兄弟。 
 ふわふわとなんとなくインドを旅するうちに、ちょっとずつ・・・そんな3人にも変化が。
 3人の行き着く先は―
 そして帰る場所は―
 いったいぜんたい何処なのでしょう?
 
 ラストシーン。
 また冒頭に戻ったかのように、走り出した列車を追いかける293兄弟の姿がとても印象的。
 いろんなことを乗り越えた後で、旅立つ前に抱え込んでたお荷物を見直してみると、結構たいしたことではなく思えたり。 大事なことがクリアに見えてきたり。
 ”旅”って時にそういうことも教えてくれるもの。
 そうやって周り道しながら、ちょっとずつ大人になってもいいんぢゃないの392
 そんなことを思いながら、ふわふわと映画館を後にしました。
 
 あなたは列車に飛び乗る勇気。 まだありますか?
 旅に出てみませんか?
 
 
 公式サイト:『ダージリン急行』
 
スポンサーサイト
【2008/03/30 17:59】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<顔見せ三国志その① 蜀の巻 | ホーム | こそばゆいところ>>
コメント
この映画上映・・・・
ワタシが住む北では上映1日2回。
しかも18時とその後にって。。。。あぁ腹タツノリ。
ッヘヘ。昭和なギャグをば。

でも、絶対、観たいんですー。
だから、詳しく読めませんでした。
すいません。

しかし、最後の小桃さんのセリフがGOO-
江戸です。
列車に飛び乗る勇気、まだあるわぁーーー
旅ダイスキ。
旅に出たい。
今いるココから別の空間で刺激を味わいたいです。
【2008/04/05 20:21】 URL | 桐子 #Lw3V702.[ 編集]
☆桐子さん
1日2回上映?!!!
うわ~。それはハラタツノリv-217 爆爆爆
公開してずいぶん経つので、ネタバレで書いてしまいました・・・。書いておいてなんですけれど、読まないで!i-229 スクリーンまであたためておいてください♪
旅する理由、いろいろあれど、いつでも旅立てるひとでありたいです。
桐子さんが列車に飛び乗っているところ・・・目に浮かぶようですヨv-392
【2008/04/06 01:10】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/233-79305882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。