しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
王妃の紋章
 そう聞いて、ちょっと「えっ?」と驚いた。
 でも結構意味深な邦題だったんですよ、コレがー392
 
 

 周杰倫 2番目の映画作品 『満城盡帯黄金甲』
 この原題は、唐王朝を事実上滅亡へ導いた反乱者 黄巣が詠んだ、重陽節前夜の詩から取ったものだそう。
 ”街を黄金の鎧でいっぱいにする。”という意らしいのですが、Wミーニングで「黄金甲」は重陽節の花”菊花”の意も含むようです。
 巨匠 張藝謀チャン・イーモウ)監督が手がけた、豪華絢爛王朝絵巻353
 きらびやかな外観のその内側で起こっていたドロドロの愛憎劇物語。。。
 一足先に垣間見てまいりました。
 155
公開前なのでできるだけネタバレなきよう書いてます。 よろしければ看一下ー
 9月9日重陽節を前に、遠征中の国王周潤發 チョウ・ユンファ)、そして第二王子・Jay)が帰還するところから、物語ははじまります。
 ドラの音が鳴り響き時が告げられると、宮中は一斉にお出迎え用意モード。
 回廊を渡り歩く衣ずれの音、女官たちのお衣装のきらびやかさ。 何より、その宮殿の絢爛豪華さに目を奪われました。353
 そのまばゆさが、最後に待ち受ける”悲劇”とうまくコントラストを成し、絶妙の効果を上げている。218そんな気がします。
 
 ”優しき”王は、病弱な王妃鞏俐 コン・リー)に特別な薬を調合。
 王妃と義理の息子 祥王子劉 リウ・イエ)の不義。
 侍医 一族に秘められたヒミツ。
 ちと忘れられがちな第三王子・秦俊杰)の存在。229
 これらのドロドロがすべて明るみに出る重陽の晩。
 一面に敷き詰められた菊花「黄金甲」を前に、黄金の一族がたどる運命・・・
 その先に待っているものは死。あるいは発狂。
 ”悲劇”以外のなにものでもないのかも356
 
 そんなギリシャ神話ばりのドロドロ劇の中、立ち上がる男が一人219
 第二王子の傑(ジェ)238
 
 純粋で誠実にして、最強の王子。
 正直― はじめて杰倫のこのお姿を拝見した時は、ぶぶぶ。と笑えたものですが、お話追ってココまでくると、もはや笑い事ではなくなっているから不思議です。
 父母を敬い、皇太子である兄にも敬意を表し、弟もかわいがる。 とっても愛ある役柄をJayが好演してくれました424
 傑王子 最後のセリフにじん。ときた。
 自分自身にウソをつかないため。 戦いぬいた傑王子の生き様に、きっとみなさまもシビれるはず。
 
 
 その後は、そのまま流れ始めるエンディングテーマに酔いしれてみてください222
 
 周杰倫 「菊花台」
 杰倫が時間をかけて大切に作ったこの曲を聴く度、傑王子のことをを思い出してしまいそう178
 
 さてさてー。
 ココまでくると、冒頭の邦題の意味が気になってきませんか236
 その答えは劇場で。
 
 公式サイト:『王妃の紋章 (満城盡帯黄金甲)』

 公開は実はもちょっと先のおはなし。 4月12日からですヨ。

スポンサーサイト
【2008/03/27 23:29】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<たまごチャーハン できあがり | ホーム | なんの花にたとえよう>>
コメント
ついにご覧になられましたか?
先日、イーモウ監督のティーチインのとき。杰倫の役は原作にはなく、重々しい家族の崩壊劇の中で、彼だけは唯一の光・希望として特別に設けた という言葉が印象的でした。まさに、彼だけが無欲で、癒される人間像でしたよねっ。
あの小さい目が、とっても純粋な光をやどって、ラストはウルウルきちゃう(笑)
コン・リーもひさしぶりのイーモウ作品。彼女は本当に貫禄がでてきて大女優の風格ですよね。ユンファさまもですがっ!
4月公開、どうかヒットしますように~ 
【2008/03/29 00:28】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
見ちゃいました~~~v-433
めちゃめちゃよかったです♪
カイコーよりイーモウ好きのワタシ。 映像面においても心理描写面においても、久々の逸作だったのではないでしょうか。
傑王子は原作にはないオリジナルだったのですね!
確かにカレだけがあのドロドロ沼につかってない感じでういてました。
でもカレなしでは、もっと救いのないお話になっちゃってたかも・・・
傑王子・杰倫がいてくださって、より作品に深みが出た気がしてるんですけど。。。
コレって一ファンのひとりよがりではないですよねーi-229ハハ
ちっちゃい目にいろんなキモチを宿し、「母上(むーほう)」と呼んでる姿、まだ印象強くのこっちゃってます。
ユンファもコン・リーも偉大でグーv-218
ぜひたくさんの方に見ていただきたいなー。
【2008/03/29 23:45】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/230-3f1ec3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。