しのわずり☆日記 ASIA-FRANCE VU PAR・・・
亜細亜ところどころ。フランスところどころ。 中華かぶれの日々を送る元フランス好きの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
スキヤキ・ウエスタン
 ジャンゴ
 チャイナ・ウエスタン お披露目の前に、和製・ウエスタン 観てきました。
 
 三池崇史
 超人的な量産能力を持つ映画監督サンですが、今回のスキヤキ・ウエスタンはいつもと一味も二味もちがってる。
 豪華なセット。
 そして何より豪華な豪華なキャスティング237
 タランティーノまで出てきちゃうって、いったいぜんたいどんな作品なのー???
 公開前から楽しみにしておりました。
 
 
 映画館に着くや否や流れてるサブちゃんのド演歌にあっとう356
 全編無理やり英語セリフだし。
 あえて予習していかないタチなので、いきなり度肝抜かれましたワ。
 映画館で度肝抜かれたい。って方は以下読まないように。219 ややネタバレですのでご注意ください。
 度肝といえば、冒頭。
 銭湯にあるようなフジヤマ263をバックに、タランティーノがすき焼きをつつき、ちゃぶ台をひっくり返す。というのも出てきて・・・やられましたネ。393
 好きなこと。やりたかったこと。 全部?!しかもしょっぱなに持ってきちゃった?
 なかなかできることではないゆえに、三池監督の勇気(?)を称えずにはいられません。424
 
 こんな具合に、全編めちゃくちゃストーリーでやりたいほうだいなのか?!と思いきや、筋立てはしっかりパッキリあるわけで。
 しかも”源平合戦”がテーマ353 スキヤキと銘打つだけあって、日本を代表する物語を軸としたお話なのです。
 
 壇ノ浦の戦いより数百年後、お宝を前に再び相まみえる源氏平家。二派の敵対するギャングたち。
 両者の争いが激しさを増し、村は荒れ果てる一方でした。
 と。そこへフラリとやって来た一人のスゴ腕さすらいガンマン(伊藤英明)。
 いったいどっちの側につくのか? 村人たちは救われるのか??
 『荒野の用心棒』さながらのストーリーが展開されてゆくのです。
 
 ちょっと壮大~433
 と思いきや、そうさせないのが三池映画のヨイところ♪
 舞台となる村が”根畑(ネバダ?)だったり、歯が抜けて「は~~っ?!」って絶叫するシーントカ、いきなり清盛佐藤浩市)が”へんりー”になってたり。 ちょっとまったり間取りすぎてる保安官の一人芝居トカ、真剣白刃取りしっぱいトカ。いっぱい三池エッセンスは見受けられます。 あとコレは見逃してしまいましたが、義経伊勢谷友介)がいきなり源氏パイを食べてたりしたそうで238 ププ  メジャーな枠にはまりきらないで、B級路線をそのまま残してくれてるところが個人的にはたまりませんでした。
 
 そういうことなので、三池監督自身はおそらく気負ったこともなく撮り上げた作品ではないカト。
 ただ役者がカッコよすぎましたね217
 ゆえにB級が超級化して、スゴイ作品になってしまった・・・。 そんな感じ受けました。
 
 
 
 上映後、口々にみなさん「カッコイイ10って絶賛してたのは、
 義経役の伊勢谷友介353
 
 留学経験もあるため、英語セリフをナチュラルにこなし、白いお衣装でドン。と立ってる姿がめちゃサマになってました。
   
 
 
  
 
 さらにB.B.になってしまうルリ子役の353桃井かおり353
 めさめさシビれましたわーーー178
 
 
 
 
 
 
 私はどちらかというと、和モノ好きなので、ウエスタンはちんぷんかんぷん。394
 レオーネとかコルブッチとか言われてもわかんないんですけど、こうやってmixされてみると、両者”生死を懸けたオトコの戦い”であることに変わりはなく、カッコいいな。って素直に思いました。
 欲にまみれた源平ギャングの争いの中へ、”誰かを守るため”挑んでいく二人のガンマン。
 そういうのってありきたりだけど、やっぱアリ219
 生きざま、死にざま。 キャストそれぞれハッとさせられるシーンやセリフを持っていて、ステキでしたよ~10
 
 そして気づきました。
 そういえば主役は伊藤英明演じる、さすらいのガンマンだったはず237
 ・・・カレはいったい何者なのか?
 最後の最後まで、名前さえ明かされぬナゾの男のまま幕。。。 12
 続編があれば、そこんところも掘り下げていただきたいものですねー♪
 
 ベネチアでは今ひとつな評価が下ったという日本のスキヤキ・ウエスタン。
 受賞とか評価とかにこだわらず、ただただ楽しめる作品でした。
 みなさんも行ってきてくださいな。 雪の根畑へ~222
 
 公式サイト:『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』
 
スポンサーサイト
【2007/10/14 23:36】 | cinema | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<チャイニーズ・ウエスタン | ホーム | 王子さまも很很忙・・・>>
コメント
タランティーノ氏が桃井さんと仲良く会見してるのみて、気になってましたっ!そうそう、全編英語なんですよねっ。
わたしが気になるのは、伊藤くんの英語台詞はきけたのか???いかがでしたかな?
桃井さまの英語はほんとにすごいし、かっこいーですよね。SAYURIのときも度肝をぬかれましたっ。
さぶちゃん演歌が流れてるなんて。。。。。爆
タラちゃん、最後の映画出演なんていってましたが・・・・あの方、ほんとに日本が大好きなんですね~キル・ビルもすごかった・・・・・ 
三池監督というと、ホラーもののイメージがつよくって・・・でも、ヴェニス出品されてたし、わたしも見てみたいとおもいます~
小桃さま、いつもありがとーです!
【2007/10/15 23:50】 URL | やよい #-[ 編集]
☆やよいさん
何も考えず、見て満足できる映画だと思います~。ぜひぜひv-222
桃井かおりがめちゃめちゃカッコイイですv-238
英語なんだけど、いつものあの調子でしゃべってて楽しいー!
・・・あれはモモイゴなのかもv-356
タランティーノは逆にニホンゴしゃべるシーンがあって・・・
ぶぶぶ。v-408結構見ものですよー。
ラストシーンはちょっと『キル・ビル』っぽいかな。
チャンバラ+銃撃戦
どちゃ。ぶわっ。って流血いっぱい、おどろおどろしいのかと思いきや、そのへんはおさえめにしてくれているようで。
いつもの三池作品とはカクジツに一線を超えた作品に仕上がってます。v-218
サブちゃんのお歌も、元は本場ウェスタン映画からカバーさえれたものだそうで。
ウエスタンも深めるといろいろあるんですねー。
私はスキヤキもチャイニーズもどっちのウエスタンもすきですけれど♪
【2007/10/16 19:00】 URL | 小桃 #S7DRU.KM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chinoiserie.blog103.fc2.com/tb.php/120-93f4f906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

小桃

Author:小桃
あのまぶしい太陽がなつかしい。
暑い風がなつかしい。
この映画を観たせいか、
台湾熱にうかされてます。
ヨーロッパはどこへやら?(笑)
今年は台湾へ行きたいなー♪
 
どっぷりASIAに、ちょっぴりFRANCE。
くるくるキョロキョロ
いろんなことに興味深々。
気ままにいろいろ書いてます。
よろしければおつきあいくださいませ。

基本的にはLinkフリー☆
その際はぜひコメント残してくださいね。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My blog

このブログをリンクに追加する

Official Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。